お願い、この釣り糸取って!ニンゲンに助けを求めてきたマンタ

お願い、この釣り糸取って!ニンゲンに助けを求めてきたマンタ

  • カラパイア
  • 更新日:2017/08/11
No image

マランダーではこれまでにも、ニンゲンと海の生き物たちとの触れ合いシーンをお見せしてきたけれど、今日はダイビング中に釣り糸が絡まったマンタにSOSされちゃったダイバーたちの様子をご紹介するよ。

マンタに助けを求められたお話は、以前カラパイアでも記事にしたことがあったんだけれど、またしても同じシチュエーションがビデオに収められたということは、海の中でこんな事件が頻繁に起こっているという証明なのかもしれないんだ。

Entangled manta ray seeks help from divers

遠くからゆっくりと近づいてくる影。

No image

それは1匹のマンタだったんだ。

No image

まっすぐにダイバーのところへやってきたマンタ。よく見るとその身体には、釣り糸のようなものが絡まっていて、マンタは口を開くこともできなくなっていた。

No image

ナイフを取り出して、釣り糸を切ってやるダイバー。

No image

解放された瞬間、マンタは嬉しそうにくるくると回転し、泳ぎ去って行ったんだ。

No image

この一件は、フィリピンのドンソールにある、マンタボールというダイビングポイントで撮影されたもの。ここは運が良ければ、マンタやシュモクザメ、ジンベイザメなどと遭遇できる人気スポットなんだよね。

それだけに、マンタの方もニンゲンに慣れているのかもしれない。だけど、ニンゲンが海に落としたモノでこんな目に合わせてしまったのに、それを取ってくれと近寄ってくるマンタの行動には、複雑な思いがしてしまうんだ。

ドンソールには、ジンベイザメの近くでシュノーケリングができる場所もあるんだけど、このエリアではジンベイザメ保護のため、ダイビングは禁止されている。その代わり、ダイバーじゃなくてもジンベイザメと泳げてしまうので、興味のあるお友だちはぜひ行ってみるといいかもね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貯金のために「ロレックスを買う」という行為がとても良い効果をもたらす理由
汚れちまった心だもんだから・・・子どものぬり絵を大人が塗ったら邪心が溢れて止まらない
本性が出た! 飲食店で子供がうるさい時に彼女がした最低行動3選
母親の浪費癖、ラブホテル生活、野宿の果てに......17歳少年による「川口祖父母殺人事件」の悲劇
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加