WATARU、2017年の集大成示した「太陽」ワンマン

WATARU、2017年の集大成示した「太陽」ワンマン

  • ナタリー
  • 更新日:2017/12/07

WATARUのワンマンライブ「太陽」が12月3日に東京・UNITで開催された。

No image

WATARU「ONE MAN LIVE 太陽」の様子。(撮影:西岡浩記)

すべての写真を見る(全6枚)

No image

6月に東京・TSUTAYA O-nestでワンマン「Sunrise」を実施後、フェス出演や全国ツアーなどライブを中心に活動を行ってきたWATARU。およそ半年間のライブ活動の集大成を見届けようと、UNITには老若男女多くのファンが詰めかけた。

No image

DJ TSUYOSHI(bayfm)による呼び込みのもと、WATARUはバックバンドを率いてステージに登場。スーツに身を包んだ彼は「本能」「海に」といったアッパーなナンバーを披露しつつ、「ブチ上げていくぞ!」「誰のライブを観にきたんだ!?」と盛んにオーディエンスを煽っていった。

No image

メロウな雰囲気漂う「同じ空の下」「愛してる」「大丈夫だから」を続けて演奏したあと、WATARUはこの半年間の活動を回想。途中では今回のワンマンを迎えられたことに「泣くには早いのはわかってるんだけど……やっぱうれしくてさ。本当にありがとう」と思わず感極まる。そんな中客席からは温かな歓声が飛び交い、より一体感が高まる場面もあった。

WATARUがアコースティックギターを弾きつつ歌った「UP TO YOU」ののち、後半戦では柔らかなピアノサウンドが加えられた「かくれんぼ」、サビで観客たちとのコール&レスポンスが展開された「My hometown」など個性的なアレンジのナンバーでライブを進行。そしてきらびやかなシンセの音色で彩られた「I’m Alone」でフロアは最大の盛り上がりを見せ、本編は幕を閉じた。

アンコールの「一番星」では子供専門ダンススクール「フィールダンスクラブ」の生徒たちがステージに登場。アップテンポな楽曲に合わせ、元気なステージングでオーディエンスを魅了した。そしてこの日最後の曲となったレゲエ調の「わからねえよ」の途中、WATARUは「みんなと一緒に、もっともっと上のほうへ!」と宣言。次なる目標を掲げ、大盛況のワンマンを堂々と締めくくった。

WATARU「ONE MAN LIVE 太陽」2017年12月3日 UNIT セットリスト

01. 本能
02. 海に
03. Hawaii
04. 同じ空の下
05. Hey Girl
06. 愛してる
07. 大丈夫だから
08. UP TO YOU
09. かくれんぼ
10. My hometown
11. 上を見よう
12. おしえて神様
13. I’m Alone
<アンコール>
14. 一番星
15. 思うんです。
16. 波に乗ろう
<ダブルアンコール>
17. わからねえよ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
E-girlsのメモリアルライブを特別編集版で配信!
m-flo、初代ボーカルLISA迎え3人で活動再開 EXILE岩田剛典主演映画主題歌を担当<去年の冬、きみと別れ>
東池袋52が冬の新曲「雪セゾン」公開
ユニコーン、現在開催中のツアー「UC30 若返る勤労」より初日公演のライブ映像配信
今市隆二MC「LOVE or NOT」加藤ミリヤが今コラボしたい相手は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加