パンパシ男子主将の萩野公介「最高の笑顔で大会を締めくくれるように」

パンパシ男子主将の萩野公介「最高の笑顔で大会を締めくくれるように」

  • ザテレビジョン
  • 更新日:2018/08/04
No image

「パンパシ水泳2018」で男子主将を務める萩野公介選手(中央)

8月4日に都内で「パンパシフィック水泳選手権大会 2018」の日本代表選手壮行会が行われ、萩野公介選手らが登場。

【写真を見る】瀬戸大也選手らとポーズを決める萩野公介選手

男子キャプテンを務める萩野選手は「今年のパンパシは国別対抗戦ということが、すごく色濃く出されていますので、僕たち自身もすごく強く意識するところがあります」とした上で、「最高の結果で終われて、最高の笑顔で大会を締めくくれるように頑張りたいと思います」と抱負を語った。

パンパシ水泳は、オリンピックおよび世界選手権が開催されない年に開催される大規模な国際大会で、今回は2002年の横浜大会以来、実に16年ぶりの日本開催となる。

個人メドレーに出場する萩野選手は「今年のパンパシは、久しぶりにこの日本でやるということで、今日もたくさんの方に来ていただいておりますし、本番は9日から始まりますけれども、その時もたくさんの応援をしていただけるように、僕たちも頑張ります」と語る。

続けてアメリカ、オーストラリア、カナダを強豪国に挙げ「強いチームがたくさん出てきていますので、各国に負けないように、一人一人がベストパフォーマンスをして、頑張っていきたいと思いますので、ぜひ応援をよろしくお願いいたします」と話した。

キャスターを務める寺川綾は「東京で行われますからね。選手も皆さんやる気満々ですし、四夜連続ゴールデンということで、大変なことが起こてしまったなという感じですね」と笑顔を見せ、「猛暑に負けず、選手の熱い戦いを、皆さんの熱い気持ちで応援してもらいたいなと思います」と宣言。

また、各レースの順位それぞれがポイントとなる国別対抗戦という方式については「皆さんのチーム力の見せ所ですからね。楽しみです」と言い、リレーのポイントが2倍になることにも言及。

「競技の最後にリレーが来る、そこでさらにポイントが倍になるというのは…みんな、やる気出していきましょう!」と選手たちを鼓舞していた。

この日は瀬戸大也選手(バタフライ・個人メドレー)、池江璃花子選手(自由形・バタフライ)、入江陵介選手(背泳ぎ)らも出席した。

「パンパシフィック水泳選手権大会 2018」は8月9日(木)から12日(日)まで、テレビ朝日系にて4夜連続ゴールデンタイムに放送。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森保監督たった1点に「物足りない アピールして」
登美丘高ダンス部連覇! バブリーの次は“色男”
本田圭佑が新天地でボランチ転向直訴、五輪OA視野
“大会MVP”は、あの10番。“ユース教授”安藤隆人氏が選ぶ「インターハイで輝き放った」11傑
西野氏“本田監督”に辛口エール「カンボジア激変するかも」も...

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加