最新ランキングをチェックしよう
カンロ Research Memo(4):2014年12月期の営業損失はカルピスブランドの販売中止という特異な要因による

カンロ Research Memo(4):2014年12月期の営業損失はカルピスブランドの販売中止という特異な要因による

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15

株式会社フィスコ
■会社概要4. 収益構造とターニングポイント近年の業績動向は、キャンディ市場の競争激化で売上総利益率・販管費率ともに悪化し営業利益は減益傾向を続けていたが、2014年12月期についに営業損失に転落した。しかしその後は、売上総利益率・販管費率ともに改善しながら増益幅を拡大、2016年12月期には営業利益は2012年12月期の水準へと戻っている。これは、売上高が200億円レベルから2

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
要らぬなら殺してしまえ「完成規則」
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
ソニー、出井伸之路線失敗の象徴「AIBO」復活の意味
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加