アニメ大国面目躍如!応援戦士ガンダム、宇宙からのエール大作戦

アニメ大国面目躍如!応援戦士ガンダム、宇宙からのエール大作戦

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/05/16

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京都内で記者会見を行い、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の模型を超小型衛星とともに宇宙へ飛ばし、大会への応援メッセージを地上へ送る計画を発表した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東大と連携して実施。ガンダムとシャア専用ザクがアスリートのため、地球周回軌道へ行きまーす!

「こういう時代になったということです。ガンプラが、宇宙に出る」。会見の席で「ガンダム」シリーズの生みの親、アニメーション映画監督の富野由悠季(よしゆき)氏(77)は、万感の思いを口にした。

今回の企画「G-SATELLITE 宇宙へ」は、組織委がJAXA、東大と連携して実施。来年3月、超小型衛星「ジーサテライト」にガンダムとシャア専用ザクの模型(ガンプラ)を格納し、国際宇宙ステーション(ISS)への補給機に積んで打ち上げる。その後、宇宙空間に放出。パラリンピック終了まで地球周回軌道を巡る。

ガンプラの足元には電光掲示板が搭載され「金メダルおめでとう!」などの応援メッセージを多言語で随時アップ。同衛星に設置された7台のカメラが宇宙空間のガンダムとザクの動画や静止画を撮影し、大会SNSなどへ発信する。2体の目もLEDで5色の五輪カラーに光らせる。

「ジーサテライト」は10センチ×10センチ×30センチの超小型サイズ。開発している東大の中須賀真一教授(58)は「最初はホンマにやるんかと思ったけど成功させたい」と話す。ガンプラは模型メーカー「バンダイ」が製作。高さ10センチ程度で「市販の144分の1モデルよりやや小さいサイズ」と担当者。宇宙空間では太陽光が当たると200~400度になるため、特殊な耐熱樹脂や宇宙用接着剤を使用。市販モデルは1体400円だが開発費は2体で「4、500万円ほど」だという。

富野氏は「宇宙にガンプラを放出するだけなんて、なめてもらっちゃ困る。宇宙に進出することがファンタジーではなくなった」。同席した宇宙飛行士の金井宣茂氏(42)も「人間が少しずつ宇宙に進出していくマイルストーンになるプロジェクト」と話した。

メッセージにはアムロ・レイ役の声優、古谷徹(65)やシャア・アズナブル役の池田秀一(69)が参加するアイデアがある。組織委関係者は「名セリフも使わない手はない」と語った。

No image

発表された「G-SATELLITE 宇宙へ」のキービジュアル ((C)Tokyo 2020 (C)創通・サンライズ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
火星から「水が消えた理由」をモスクワの研究チームらが解明
前立腺がんはロボットで治す?:ダヴィンチ手術の利点と注意点
1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)
梅毒は「ドイツではフランス病」「フランスではイタリア病」「オランダでは...」歴史的に「他国の国の病気」とヨーロッパ各国が名前を付けていた
冥王星の海、なぜ凍らない?=ハイドレート層が保温か-北大など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加