東芝 第1四半期決算で過去最高益 半導体が好調

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/10

監査法人の「限定付き適正」意見を受けた東芝は今期の第1四半期の決算を確定させ、営業利益が過去最高益になったと発表しました。

東芝が発表した今年4月から6月の売上高は前の年の同じ時期と比べ、8.2%増の1兆1436億円でした。本業のもうけを示す営業利益については966億円で、第1四半期としては2014年以来、3年ぶりに過去最高を更新しました。主力の半導体事業が好調だったことで利益を押し上げました。また、通期の業績見通しについては、半導体メモリー事業の利益を安定的に確保できるとして上方修正しましたが、負債が資産を上回る「債務超過」は4100億円となる見通しです。東芝は2年連続の債務超過を解消できないと上場廃止となるため、半導体子会社の早期の売却を目指しますが、交渉は難航しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】どこで...工場のポテトサラダから不検出
プレミアムカーケアジャパン、米パーマテックスの日本総輸入発売元として活動開始
【大炎上】VALU詐欺疑惑のYouTuberヒカル、事務所顧問が逃亡する / ネットの声「逃げやがった」「完全に黒」
VALU、YouTuberヒカル氏らが所属するVAZにユーザーへの損害賠償など勧告
いまや「EZwebって何?」 auメールアドレスに世代間ギャップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加