良品計画、「新価格宣言」2400品目を値下げ 2018年1月から

良品計画、「新価格宣言」2400品目を値下げ 2018年1月から

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/11/14

衣料・雑貨店の「無印良品」を展開する良品計画は、2018年1月から「新価格宣言」と銘打って、全体の5600アイテムのうち、約4割に当たる2400のアイテム(商品)を値下げする。

No image

2017年11月14日、J‐CASTニュースの取材に、良品計画は「『新価格宣言』はお客さまにわかりやすく、手に取りやすい価格を提供するもので、値下げのほか、10~20円刻みの価格をわかりやすく値合せ(整理)しました」と説明した。

値下げ幅は約7.0~15%、価格を「わかりやすく」整理

良品計画によると、値下げの対象となる商品は、家具や生活雑貨が中心。たとえば、売れ筋の「脚付マットレス(シングル)」は、3万5000円から2万9900円(14.6%)に値下げする。

また、衣料や服飾雑貨では、3足セットの「選べる靴下」を990円から890円に、パソコンを収納できるリュックサックを3990円から2990円に、それぞれ値下げ。食品では、人気の「バターチキンカレー」を380円から350円に値下げする。

値下げ幅は、約7.0%~15%程度という。

加えて、価格に端数がある場合は下1桁をゼロにしたり、たとえば2990円と2980円の商品を2980円に統一したりするなどして、「わかりやすくしながら値下げをすすめる」としている。

消費者の節約傾向が続くなか、衣料品や家具などを値下げすることで、購買意欲を引き出していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
「自動車の主役はEVへ」に懐疑広まる...そもそも本当にエコカーか?
ランボルギーニ、特別な「ウラカン」をローマ法王に寄贈
【東京モーターショー2017】小型車に力を入れてきたダイハツの出展車両をご紹介!
東芝、さらなる債務超過膨張リスク浮上...メモリ事業を失えば「東芝消滅」の可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加