ミレニアル世代が日常で英語に触れる機会は他世代の20倍!?

ミレニアル世代が日常で英語に触れる機会は他世代の20倍!?

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

2020年には全国の小学校で3年生から英語が必修化されるなど、日本人と英語を巡る環境が新たな転機を迎えようとしている。そこでDMM.comは同社で展開中のオンライン英会話サービス『DMM英会話』において、「世代別の英語学習」に関する調査を実施。その回答結果を発表した。

No image

まず、「日常で英語に触れる機会はありますか?」と質問したところ、下記のような結果となった。

No image

「ほぼ毎日英語に触れる」と回答した割合は、ミレニアル世代が17.9%に対し、その他の世代は0.9%という結果に。このことから、その他の世代の約20倍のミレニアル世代が、日常的に英語に触れているということが明らかとなった。また、「週に1~2回」以上英語に触れているミレニアル世代は、半数以上(52.4%)を占めた。
ところでミレニアル世代は、デジタル社会に適応した新しい価値観を持った世代で、今後の消費を変える存在として海外でも注目されている。ミレニアル世代の定義は様々だが、今回の調査では18歳〜29歳の世代を「ミレニアル世代」と定義した。

続いて「週に1~2回以上、英語に触れる」と回答した人に、「どのような形で英語に触れていますか?」と質問をした。結果は下記のとおり。

No image

ミレニアル世代で最も多い回答は「洋楽を聴く」(36.7%)、その他の世代で最も多い回答は「海外ドラマ・洋画を観る」(43.1%)という結果に。「洋楽を聴く」という回答は、その他の世代でも2番目に多く、洋楽は幅広い世代を通して英語に触れる機会となっていることがわかる。
特徴的だったのは、ミレニアル世代はその他の世代に比べ、「海外インフルエンサーのSNSをフォローしている」「ハッシュタグで英語を使う」割合がどちらも2倍以上である点だ。
ミレニアル世代が日常的に英語に触れている背景として、こうしたSNSの利用が一因となっていることが推測できる。

次に「英語を学びたいと思いますか?」と質問した。

No image

「とても思う」と回答した割合は、その他の世代では19.7%に留まるのに対し、ミレニアル世代では31.9%を占めた。約3人に1人のミレニアル世代が、英語の必要性を強く感じていることがわかる。

No image

英語を学びたい理由に関しては、ミレニアル世代では「仕事やキャリアアップで有利になるから」という回答が最も多く(58.7%)、その他の世代では「趣味が広がりそうだから」という回答が最も多くなった(51.7%)。

「留学経験はありますか?または予定がありますか?」と質問したところ、「経験/予定がある」と回答したのはミレニアル世代が17.9%に対し、その他の世代が11.6%だった。

No image

また「経験はないが興味がある」と回答したのはミレニアル世代が34.9%に対し、その他の世代が23.7%。このことから、ミレニアル世代は留学に行っている割合がその他の世代よりも高く、興味を持っている割合も高いことがわかった。

■調査概要
調査日/2017年11月16日(木)~19日(日)
調査方法/インターネット調査
調査対象/1501人(18歳〜60代までの男女)

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
あなたは何タイプ? お酒の強さがDNAレベルでわかる
そうだったのか!子どもが「嘘をつきやすくなる」心理と親の対応
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
東京のベンチが「意地悪過ぎる」座ることも許されない!と話題に!実は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加