名倉潤、北新地No.1キャバ嬢がMAX月収と営業の実態を暴露に呆然

名倉潤、北新地No.1キャバ嬢がMAX月収と営業の実態を暴露に呆然

  • Yomerumo
  • 更新日:2017/05/20

ネプチューンの名倉潤と次長課長の河本準一、そして歌手の華原朋美がMCを務めるバラエティー番組「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)。
5月18日深夜の放送では、大阪の高級飲食店街・北新地のNo.1キャバ嬢「りょう」が、驚きの月収と枕営業の過去について暴露した。

■名倉「500万円燃やしてるようなもんやん」

18歳でキャバクラの世界に入り、たった2ヶ月でNo.1になったキャバ嬢のりょう。名倉と河本が元SKE48で現セクシー女優の三上悠亜に「3日間で稼いだ最高額、どれくらいだと思う?」と振ると、三上は戸惑いながら「1000万?そんなにいってないですかね?」と予想。しかしりょうは「3000万円です」とニッコリ。予想を大幅に上回る金額にスタジオには驚きの声が上がった。

これはバースデー期間に稼いだ額で、1基500万円のシャンパンタワーが売り上げの中心だったそうだが、このシャンパンを実際に飲むことはなかったという。名倉は「アホちゃうか!わぁ~言うて、500万円燃やしてるようなもんやん!」と理解できないようだった。

さらに、「枕営業は絶対にないの?」と河本が切り出すと、りょうは「今はないです」とキッパリ答えた。しかし「(18歳から)23歳くらいまでは…」と過去に枕営業をしていた事実を認めた。その数も「結構あった…」という。

枕営業は相手から『今日いくら使ったら来てくれるの?』と持ち掛けられ、金額の合意ありきで行われたという。名倉が当時の契約金額を聞くと、りょうは「(一晩)400万円、500万円とかです」と答えた。名倉が「お店で500万を使ってくれたら(カラダの関係を持っても)いいよ」ということだと解説すると、河本はすかさず「クーポン券か!お前は!」とツッコみスタジオを沸かせた。

カラダを張ってNo.1キャバ嬢に昇り詰めたりょう。有名になればなるほど注目を浴びた結果「(噂が凄くて)病んじゃって」と当時の状況を語った。枕営業を辞めた現在も彼女は月収1600万円を稼ぎNo.1の座キープし続けているそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森田剛と結婚目前の宮沢りえがすでに妊娠か
浜崎あゆみが「法律違反」の現場を公開!もはや警察に通報するレベルか
「田中聖容疑者逮捕」報道で木下優樹菜の顔が引きつったワケ
乳がん闘病中の小林麻央が退院の報告 子供たちに「早く会いたい」
イッテQ「出川のミラクル珍プレー」に視聴者感動!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加