上達への最短コース!?スイング動画のデータ化でレッスンの質を上げるソニーのスマートゴルフレッスン

上達への最短コース!?スイング動画のデータ化でレッスンの質を上げるソニーのスマートゴルフレッスン

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/14

ソニーは、ゴルフのスイングデータとスイング動画の同期・可視化により、ゴルフレッスンの質を向上させるレッスンソリューション「スマートゴルフレッスン」を開発。ゴルフスクールやティーチングプロ向けに2018年4月より順次展開していく。

No image

「スマートゴルフレッスン」は、センサー、アプリケーション、クラウドにより構成される。このソリューションでは、生徒のゴルフクラブのグリップ下部にソニーの「スマートゴルフセンサー」を装着し、スイングの加速度と角速度のデータを計測。そのデータから、フェース角、アタック角、スイング軌道、クラブヘッドスピード、スイングテンポなどを分析し、Bluetooth接続されたスマートフォンやタブレットで撮影したスイング動画と同期させ、アプリケーション上で表示することにより、ゴルフスイングデータを可視化する。
動画とデータはソニーが培ってきた信号処理技術や映像技術の応用により高精度で同期され、たとえばインパクトの瞬間の映像に瞬時にアクセスするとともにスイングデータを確認するといったことが可能になる。

No image

画像左より/ティーチングツールで画面上に線を描きこんだスイング動画・データの比較画面(分割)、スイング動画・データの比較画面(重畳)、スイング軌跡再生画面(正面)、スイング軌跡再生画面(側面)イメージ

また、アプリケーション上で2つのデータ付きのスイング動画を、並べて比較したり、重ね合わせて比較することが可能なため、生徒は指導内容をより理解しやすくなる。ティーチングツールとして画面上に線や図形を描画することや、レッスン中のアドバイス時に利用した操作画面をアドバイスの音声とともに動画として保存することもできる。

この動画は、ティーチングプロと生徒の間で、クラウド経由で共有でき、生徒はレッスン時のティーチングプロのアドバイスを、自宅や練習場、コースなど場所を問わず、スマートフォンなどで確認。また、生徒が自主練習で撮影した動画をティーチングプロに共有し、添削してもらうオンラインレッスンにも対応しており、生徒はいつでもティーチングプロのアドバイスを受けることも可能だ。

No image

スマートゴルフセンサー

「スマートゴルフセンサー」とスマートフォン/タブレットがあれば利用できるという優れたモビリティも特色の一つで、利用場所を選ばないため、練習場だけでなくゴルフコースでのラウンドでも、スイングの確認・比較が行なえる。
ゴルフスクール、ティーチングプロの導入メリットとしては、スイングを可視化することで、これまでティーチングプロが言葉で伝えていた指導内容を、より客観的、定量的な裏付けをもって伝え、説得力を増すことができるほか、オンラインレッスンでのアドバイスによる新たなサービスも想定できる。

No image

クラブシャフトへの装着例

なお、「スマートゴルフレッスン」は、レッスンにおける使いやすさ向上のため、公益社団法人 日本プロゴルフ協会の監修を受けている。

製品情報

http://smartsports.sony.net/golf/product/1G/JP/ja/index.html

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
QDレーザの「網膜に直接投影するHMD」を体験 - 第4回 ウェアラブルEXPO
もう壁コンセントに悩まない。Omnicharge「Omni13」ならプラグ直挿しでノートPCにも給電OK!
Shuttle製キューブ型ベアボーンにZ270搭載の新モデルが登場
VRやロボット技術の台頭でアダルト産業はこう変わる! 新たな快楽と脱人間化がキーワード!?
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加