【POG】プリモシーン動き俊敏!期待の素質馬 木村師「先のある馬」初陣向かう

【POG】プリモシーン動き俊敏!期待の素質馬 木村師「先のある馬」初陣向かう

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

評判のプリモシーンは日曜中山でデビューする

「新馬戦」(17日、中山)

母モシーンは豪州G1・4勝の名血。評判のディープインパクト産駒プリモシーン(牝、美浦・木村)が、日曜中山5R(芝1600メートル)でベールを脱ぐ。木村師は「先のある馬と思ってやっている」と期待の大きさを伝える。

8月25日に入厩してからのケイコでは俊敏な動きを連発。13日の美浦Wでも、3頭併せの真ん中を軽やかな脚取りで4F52秒0-38秒1-12秒5を計時。ただ、指揮官は「時計は出るけど粗削り。まだ馬が若く、慌てて走っている感じがする。もう少しメリハリが欲しい」とあえて厳しめのジャッジを与える。それも求める要求の高さゆえだろう。「まだ鞍上の指示を分かっていない感じ。それで動けてしまうフィジカル面の強さがある」と素質を認めていた。

鞍上にリーディングジョッキー戸崎圭を配し、V態勢は整った。来年の牝馬クラシックを目指せる好素材。まずは初陣を無事に突破してエリートコースに乗りたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS 11のダウンロードはしばらく待ったほうがいい理由
大渕愛子 息子のヘルメット治療、5回目の診察結果受け継続治療決意
うぅ...マジか!「初めてのエッチ」で男がビックリしたこと6つ
ロンブー田村淳、特番で“人生を賭けた”重大発表!
飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加