ウォリアーズが6連勝 76ersに21点差で快勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

NBAの昨季王者ウォリアーズは11日、地元オークランド(カリフォルニア州)で76ersに135―114(前半65―64)で勝利を収めてロケッツ同様に10勝3敗。膝の打撲で1試合を欠場したケビン・デュラント(29歳)が28分の出場で29得点をマークすれば、クレイ・トンプソン(27歳)は23得点、ステフィン・カリー(29歳)も22得点を稼ぐなど主力3選手が奮闘した。3人で3点シュートを20本中10本成功。チームの3点シュート成功率は驚異的な51・9%を記録した。フォワードのドレイモンド・グリーン(27歳)は10得点、10リバウンド、7アシストをマーク。勢いに乗ってきたウォリアーズは6連勝の期間中、すべて相手に17点差以上をつけて勝っている。

76ersは6勝6敗。5連勝のあとは連敗となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「星野源は悪評だらけ」テレビ局、音楽関係者をあぜんとさせた“横暴エピソード”
デートしてわかった!男が「この子あげまんだ」と思った瞬間4つ
ヤバさしかない...「ドザえもん展」開催
ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
真木よう子、降板の裏に「新たなスキャンダルを週刊誌がキャッチ」の噂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加