西武炭谷、残留決断 FA権行使せず

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/13

西武の炭谷銀仁朗捕手(30)が保有する海外フリーエージェント(FA)権を行使せず、チーム残留を決断したことが12日、分かった。同日、球団に意向を伝えたもので、鈴木球団本部長は「(今季)2位になれたのは炭谷のおかげ。また来年も、となったのは喜ばしいし、とてもありがたい」と話した。

チームの2位躍進に大きく貢献した今季は、104試合に出場して自己最高の打率2割5分1厘をマーク。エース菊池とともにパ・リーグの最優秀バッテリー賞も受賞した。プロ13年目の来季も、10年ぶりの優勝を目指すチームをけん引する。

=2017/11/13付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
侍今永圧巻12Kも「強引にいった」王への投球反省
侍稲葉監督、韓国戦も今永起用?お立ち台で爆笑呼ぶ
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加