フェデラーのミスに会場どよめき

フェデラーのミスに会場どよめき

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/13
No image

握手を交わす(左から)ソックとフェデラー : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は初日の12日、グループ・ボリス ベッカーのシングルス予選ラウンドロビンが行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第8シードのJ・ソック(アメリカ)を6-4, 7-6 (7-4)のストレートで下し、6年ぶり7度目の優勝へ向け好スタートを切った。

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

>>ナダルvsゴファン 1ポイント速報<<

この日、フェデラーは第1ゲームでバックハンドのウィナーを決めてブレークに成功し、リードする。

対戦相手のソックは第7ゲームでネット際の処理が上手くいかずボールを浮かせてしまい、フェデラーに背を向けて諦めを見せた。

しかし、このチャンスボールをフェデラーがミスすると、観客からはどよめきが起きた。その後は第1セットを先取したフェデラーが第2セットのタイブレークを制し、1時間31分で勝利した。

試合後の会見で、四大大会歴代最多19勝を誇るフェデラーは以下のように振り返った。

「大会は始まったばかり。最初の試合で世界のトップ選手相手に最高のプレーができるとは思っていない。どんなプレーをするかより、まずは試合に上手く対処することの方が大切。もちろん、チームと戦術を組んでいるけど、今日のような初戦で時には投げ出してしまう。なぜなら、いいサービスが打てたりするから。まずはサービスに集中して、そしてリターンでベストを尽くす。初戦はそれをすることが難しい」

地元のスイス・インドア(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)で2年ぶり8度目の優勝を果たしたが、翌週のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)を欠場したフェデラーは「正直、回復に時間がかかった。A・マレー(英国)とのチャリティーマッチ以外はほとんど何もしなかった。こうしてコートに立てて嬉しい」と明かした。

今大会はグループ・ピート サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。

【グループ・ピート サンプラス】
(1)R・ナダル(スペイン)
(4)D・ティーム(オーストリア)
(6)G・ディミトロフ(ブルガリア)
(7)D・ゴファン(ベルギー)

【グループ・ボリス ベッカー】
(2)R・フェデラー
(3)A・ズベレフ(ドイツ)
(5)M・チリッチ(クロアチア)
(8)J・ソック

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【告知】日本勢 ホアヒン1回戦
ノボトナの死 選手ら惜しむ声
ジョコら復帰戦 ドロー発表
今季男子テニス界の動向と今後
マクラクラン/内山組 雨で順延
  • このエントリーをはてなブックマークに追加