大谷 メジャー1年目のキャンプスタート、フリー打撃で柵越え7本

大谷 メジャー1年目のキャンプスタート、フリー打撃で柵越え7本

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

エンゼルス・大谷が14日(日本時間15日未明)、背番号17のユニホームで球場入りし、いよいよメジャー1年目のキャンプがスタートした。

No image

エンゼルス・キャンプ初日でフリー打撃を行う大谷

ウオーミングアップで体をほぐし、キャッチボールを行った大谷はフリー打撃で33スイング中7本の柵越えを放った。ヒット性の当たりは19本を数えた。ソーシア監督、チームメートらの見守る中、快音を響かせた。

日本ハム・栗山監督もキャンプ地を訪問、大谷を見て「ああいう緊張感のある表情の翔平を見て安心した」と語った。

大谷はこの日、キャンプインの2時間以上前の午前7時17分には球団施設に到着。引き締まった表情で、敷地外からサインを求めるファンには左手を挙げてあいさつし、クラブハウスに入った。(テンピ・柳原 直之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
対外試合5戦負けなしヤ!燕・山田、6戦3発で完全復活の予感
カーリング女子の死闘再び4月カナダで韓国と再戦も
「凄いプレゼントがあるよ」と外に出たらミニカーで落胆した夫。振り向いて凍りつく
カー女子初メダル、どん底を知る女が取り戻したモノ
清宮見切った2四球、走塁では滑るも打席内では滑らず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加