山田成美、池ポチャポチャ 記録更新1ホール15打

山田成美、池ポチャポチャ 記録更新1ホール15打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

山田成美

<女子ゴルフ:NEC軽井沢72>◇第1日◇11日◇長野・軽井沢72北C(6655ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

プロ3年目の山田成美(27=ゴルフ5)が前半の5番パー4で15打をたたく不名誉な記録をつくってしまった。

フェアウエーでピンまで75ヤードの第2打を池ポチャ。池手前のピンまで75ヤードの地点で1罰打のドロップを繰り返しながら計5回も池にボールを落とし、12打目にようやくグリーン付近へ。15打目にして、ようやくカップに入れた。

日本女子プロゴルフ協会によると、ホールバイホールのデータが残る90年以降では、1ホールで15打は日本女子ツアーのワースト記録になるという。これまでは03年プロミス・レディース第2日に、紫垣綾花が13番パー5で14打をたたいた記録がワーストだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大沢優2位発進、難関9番ボギーは「仕方ない」
石川遼が松山結婚を祝福「サプライズでした」
松山“単身赴任”継続 年間王者へ妻子に会わずプレーオフ集中
涙の松山英樹を気遣って... 背中押したインタビュアーに「もらい泣き」
「世界の頂点に肉薄」松山英樹が日本のテレビに「潰される」ワケとは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加