最新ランキングをチェックしよう
米国の貧困率、改善も「数年内に悪化」か

米国の貧困率、改善も「数年内に悪化」か

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2017/09/15

米国勢調査局は9月12日、「米国の所得と貧困」に関する年次報告書を発表した。米国では2016年、貧困率が前年から0.8%ポイント低下、12.7%となった。これは朗報だといえる(ただし、それでも貧困者数はおよそ4060万人だ)。家計所得の中央値は前年比3.2%増となり、2015年の5万7230ドル(約631万円)から5万9039ドル(約651万円)に増えた。また、医療保険に加入していない人の割合は、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
雪道での自動運転、どうなる? 国交省、ヤマハのカートで検証実験開始
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
鳥貴族の客数が7%減。28年ぶりの「値上げ」は失敗だったのか?
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加