【Block B】ビボムが思う、自分が一番イケてる瞬間て?~ビボム編

【Block B】ビボムが思う、自分が一番イケてる瞬間て?~ビボム編

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2016/11/30
No image

Block Bビボム

雑誌『韓流ぴあ』との連動企画、Block Bの連載「Block Bの“Bikipedia”つくっちゃいました!」。

10月22日発売の本誌11月号から誌面でも連載スタートしました。WEBでは「<ほぼ週刊!?>Block Bの“Bikipedia”つくっちゃいました!」と題し、メンバー個々のインタビューと取材の様子を交えて毎月全3回ずつで展開。キーワードからメンバーの素顔に迫る本誌とは異なる視点でお届けしています。

11月の主人公は、ビジュアルからダンススキルまで“非凡(ビボム)”な男、ビボムです!今回は、ビボム編の最終回です。

お題は、ビボムの“好き”。

「ズバリ、何が好き?」とぼんやりした質問をすると、「音楽かな。音楽を聞いているときテンションが上がるから。イギリスのバンドが好きです」とアーティストらしい回答。そして、「やっぱりダンスも好き」と答えてくれました。

で、す、が! この連載ではそんな優等生な答えはNO! 今回は、仕事以外の好きを答えてもらっちゃいます。

ビボムの LIKE

かつて、インタビューで「『黒地に白いラインが一本入った“横断歩道パンツ”』を履いていた」とメンバーに暴露されたビボム。空港でキャッチされた写真などを見ていると、お気に入りの服を何度も着ていたり、色違いのアイテムが出てきたり。好きなものはとことん使う、が彼流のファッションのこだわりの様子。

「もともとすっきりしたスタイルが好き。その日何を着るかは、起きてシャワーをしながら考えます。とりあえず一度着てみて、イマイチだったら少しずつ修正して。アクセサリーはほとんどしません。小物は時計と帽子くらいかな」

鏡を見るのが好きなことで有名なビボム。やっぱりシャワーのあとは鏡に見とれちゃう?

「いやいや。以前は本当によく見ていたのですが、最近は仕事のときに見るくらいです。普段鏡を別に持ち歩いたりもしないし。意外ですか? あはは」

ここから“好き”の大本命ともいえるBlock Bの話へ。チーム内での自分の役割をどのように考えているのか。

「Block Bは自由奔放で個性の強いメンバーしかいないので(笑)。中心をキープしてバランスを保つ役割をしていると思います」

グループ内での揉め事には、基本的に“あえて介入しない”スタンスなんだとか。

「自分たちでそれぞれ解決すればいいかなって(笑)。以前はお互いに相談したりもしましたが、それぞれのキャラクターや立ち位置が確立してきて、最近は誰かに助言を求めるということも少なくなってきたと思いますね。でも、誰かが僕に悩み相談をしてきたらちゃんと聞くし、アドバイスもしますよ」

そんなビボムにとってBlock Bとは?

「“ビボム”の人生においてとても大きな存在です。だって、Block Bがいなければ僕はミニョク(ビボムの本名)でしかなくて、“ビボム”はいなかったんですから」

自分がイケメンだと言われるよりも、「Block Bってイケてるな」「カッコいい歌うたってるな」といわれるのが最高の褒め言葉だというビボム。そんなビボムが、自分で最高にかっこいいと思う瞬間は。

「やっぱりBlock Bの中にいるとき。僕は、Block Bで歌って踊っている時が一番輝いているんです」

「韓流ぴあ」連載企画「Block Bの『Bikipedia』つくっちゃいました!」。ビボムさんの全3回の記事はいかがでしたか? 本誌では、WEB未掲載部分を含めて、キーワードとともにパーソナルな部分に迫っています。ぜひ、併せてチェックを!

★発売中の雑誌『韓流ぴあ11月号』(チャン・グンソク表紙!)より隔月でBlock Bの連載スタート! さらに、日本初アルバム『My Zone』リリース記念インタビューも掲載。ぜひ、合わせてチェックを!!

(韓流ぴあ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴の薬物疑惑報道に新宿二丁目の住人たちの反応は?
及川奈央の結婚で改めて注目される「元カレ」陣内智則が取った最低の別れ方
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
上戸彩が激ヤセでネット民驚愕 「かわいいマチャミ」という例えも
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加