「うっかり飛行機がエリア51に不時着すると...こんな説明が必要になる」

「うっかり飛行機がエリア51に不時着すると...こんな説明が必要になる」

  • らばQ
  • 更新日:2017/11/14
No image

極秘のアメリカ空軍基地であるエリア51に、軽飛行機が近づいてきていることをレーダーが探知しました。

飛行機が着陸すると、すぐに厳重な武装をした軍人たちに囲まれました。

機体はパイロットとともに拘留され、パイロットの男は尋問のために隔離されました。

[この記事のすべての動画・画像を見る]

A plane is spotted trying to land at Area 51

パイロットの男は「ラスベガスから飛び立った」「しかし迷子になった」「燃料がほぼなかった」と説明し、「たまたま最初に見えた滑走路に降り立った」といきさつを話しました。

綿密な身辺調査がなされたあと、彼がスパイではないことが証明され、翌朝に解放されることになりました。

出発前に「ここでは一切何も見なかったことに」と言われ、さらに「どんな状況においてもどこにいたか、何を見たかについては一切他言してはならない」と念押しされました。

空軍が飛行機の燃料を補給し、ラスベガスに戻れるように手配すると、パイロットの男は飛び立ちました。

同じ日の遅くに、同じパイロットの軽飛行機が再びエリア51に着陸しようとしているところを発見されました。

ところが今度は飛行機に2人乗っていました。

飛行機が着陸すると、ただちに軍人に囲まれました。飛行機が完全に止まり、男は飛び降りてきて、こう叫びました。

「オレをどうしてくれてもいい、だが誰か、オレが昨晩どこにいたかの説明を妻にする必要がある!」

教訓:「国家機密より怖い妻はあんがい多い」

【「うっかり飛行機がエリア51に不時着すると…こんな説明が必要になる」】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
立ち退きを拒否した中国の住居...市が道路を通すために斜め上の解決を図る
リビア奴隷市場の「地獄」 脱出の移民らが語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加