アイホ娘、ロシアの五輪除外に困惑...監督「正直、戸惑っています」

アイホ娘、ロシアの五輪除外に困惑...監督「正直、戸惑っています」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

アイスホッケー女子の平昌五輪日本代表メンバー

国際オリンピック委員会(IOC)は5日、スイスのローザンヌで理事会を開き、国主導でドーピングの組織的不正があったとしてロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌五輪から同国選手団を除外することを決定。これを受けてアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」も困惑を隠せなかった。6日、都内で行われた五輪代表発表会見に出席した山中武司監督は「昨夜から気になっていたが、正直、戸惑っています」と眉間にしわを寄せた。

現在世界ランク9位の日本は、五輪の表彰台を狙う上で、同4位と格上のロシアを標的に強化プランを練ってきた。今年はロシアとの試合を5戦組んでおり、7日に出発するフィンランド遠征でも15日に対戦予定。さらに、今月24、25日に長野で行われる壮行試合の相手も、五輪除外が決まったロシアだった。

好敵手について、指揮官は「個人技もパスワークも優れているチーム」と評し、「夏に2戦2敗して、五輪はこのチームを倒していい成績を出したいと思っていた。できれば(五輪に)出てほしい」と悲痛な声を上げた。

主将の大沢ちほ(道路建設ペリグリン)は「(ロシアが)五輪に出るか出ないかは気にせず、自分たちがやることに集中する」と粛々と受け止めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【釜本邦茂】韓国選手の感情の昂ぶりを理解していなかった日本は、受け身に回って淡々と...
GK中村4失点「情けない」FW伊東も難しさ痛感
【コラム】オフから一転、激動の10日間...土居聖真の中で芽生えた“代表への思い”
井手口陽介、臨機応変さ欠き反省「ボールを持つ時間は絶対大事」
「実力不足」を認めた今野泰幸は日韓戦の惨敗劇をどう分析したのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加