欧州為替:ユーロ・ドルはもみ合い、ポンド買いは限定的で

欧州為替:ユーロ・ドルはもみ合い、ポンド買いは限定的で

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

17時半に発表された英インフレ指標の予想上振れが好感され、ポンドはいったん上昇。ただ、緩和観測の後退への思惑は広がらずポンド売りのフローも観測される。ポンド・ドルは1.2276ドルまで上昇した後、1.2230ドルまで下落し、現在1.2250ドルで推移している。ユーロ・ポンドは足元ではもみ合っているが、目先ポンド買いが再び強まる展開となればユーロ売り・ドル買いに波及しそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは103円95銭から104円04銭、ユーロ・円は114円50銭から114円64銭、ユーロ・ドルは1.1012ドルから1.1022ドルで推移した。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル『インプレッサSPORT/G4』
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加