西武山川が華麗な守備で同点機阻止、見事なグラブトスで俊足の柳田を刺す

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/17

1点リードの3回にボテボテの一ゴロを見事に処理

西武の山川穂高内野手が、華麗なプレーを披露した。17日のソフトバンク戦(メットライフD)。3回の守備で、見事なファインプレーが飛び出した。

1点をリードして迎えた、この回。先発の多和田が死球と四球を与えて迎えた2死一、三塁の場面。ここでソフトバンクの柳田が放った打球は、一塁前へのボテボテのゴロとなった。

打者の柳田は俊足の持ち主。打球に向かった山川は、やや二塁側から回り込みながら捕球すると、そのままベースカバーに入った多和田にグラブトス。わずかに多和田の足が、柳田よりも早く一塁を踏み、間一髪でアウトとなり、同点の危機を免れた。

好調バットが続く山川だが、守備でも俊敏な動きで、ファンを魅了している。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮の使命感、王先輩868本目標「目指さなきゃ」
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
歴史的データも清宮の決断を後押し!? 早実出身選手は高卒の方が大成傾向
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加