ハッシーの中央競馬新馬セレクション(10/14東京・10/15東京)

  • リアルライブ
  • 更新日:2017/10/12

【今週デビューの注目馬】

☆グラマラスライフ

2017年10月14日(土)東京第5R芝1600m戦に出走予定のグラマラスライフ。馬名の由来は「魅力的な人生」。牝、黒鹿毛、2015年1月31日生。美浦・田村康仁厩舎。父ハーツクライ、母プリティカリーナ、母父Seeking the Gold。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はシルクレーシング。愛馬会法人・シルク・ホースクラブの募集馬で総額3200万円。半兄には3連勝で準オープンクラスに出世したアンタラジー(父ディープインパクト)や、半姉には芝中距離で2勝を挙げているアグレアーブル(父マンハッタンカフェ)がいる。本馬はハーツクライ産駒にしては迫力のある立派なトモの持ち主で、筋肉の柔らかさ、柔軟性は父ハーツクライから、豊富な筋肉量は母父Seeking the Goldから受け継いでいる。ゆっくりと動かすと力みのないゆったりとしたフットワークで、スピードを上げていくと脚の回転数がグッと上がり、ストライドが伸びたダイナミックなフォームに変わっていく理想的な走り。牝馬クラシック戦線に乗ってくるであろう素質馬。なお、鞍上にはC・ルメール騎手を予定している。

☆ライレローズ

2017年10月15日(日)東京第3R芝1600m戦に出走予定のライレローズ。馬名の由来は「世界最大級のバラ園があるパリ郊外の都市名。母名より連想」。牝、黒鹿毛、2015年4月28日生。美浦・古賀慎明厩舎。父ディープブリランテ、母ヴィアンローズ、母父Sevres Rose。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額2000万円。半姉には小柄ながら芝で4勝を挙げたローズノーブル(父ディープインパクト)がおり、半兄には16年プリンシパルSを勝ったアジュールローズ(父ヴィクトワールピサ)がいる。本馬は牝馬らしい丸みを帯びた馬体をしており、筋肉はゴムまりのような弾力性がある。各パーツ柔軟性があり、柔らかい動き。独特のフォームではあるが、バネがありブレの少ない安定した走り。キレを武器に勝ち上がっていくだろう。なお、鞍上には北村宏司騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ニュース番組が「危険動物が出現!」と中継 → カメラが映した動物にネット民から総ツッコミ「危険ちゃうやん」「動物の表情が最高」
人身事故を起こした土田晃之に猛バッシング 対応次第では干される可能性も
立憲民主、なぜ勢い?=希望と一線「筋通した」の声【17衆院選】
フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加