Hulu、年間視聴者数ランキング2017を発表

Hulu、年間視聴者数ランキング2017を発表

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/01/13
No image

『2017年Hulu年間視聴者数ランキング』総合ランキング1位は『ウォーキング・デッド』

映像配信サービス「Hulu」は12日、『2017年Hulu年間視聴者数ランキング』を発表した。2017年1月1日~12月31日の期間に視聴者数の多い順にランキングしたもの(同社調べ)。総合ランキング1位を獲得したのは、全米で記録的な大ヒットとなり、日本国内でもシーズンを重ねるごとに注目度が増している海外ドラマ『ウォーキング・デッド』だった。

【写真】ランキング上位の作品キービジュアル

国内ドラマランキングでは、音楽プロデューサーで作詞家の秋元康氏が企画・原案を手がけ、福士蒼汰が主演したミステリードラマ『愛してたって、秘密はある。』が1位を獲得した。日本テレビ系で17年7月期に放送され、Huluでは連続ドラマの全話配信に加え、ドラマのスピンオフとなる、オリジナルストーリー『僕は誰だ?』も配信。主人公の二つの人格の内面での対話と恋人との愛の行方を描き、ドラマをより深く楽しめると人気を博した。

アニメランキングでは、『名探偵コナン』が1位を獲得。17年8月9日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)で連載1000話を達成した青山剛昌氏原作の人気アニメ。17年上半期の邦画作品興行収入で劇場版が1位を獲得するなど、老若男女に人気があり、Huluでは800話のテレビシリーズを配信している。

バラエティランキングでは、いまや大みそかの風物詩となった日本テレビ系特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』が1位。松本人志vs 浜田雅功による対決企画の罰ゲームとして端を発した2003年放送の「絶対に笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅」に始まり、特別ルール「驚いてはいけない」が登場した「絶対に笑ってはいけない病院24時」(07年)、歴代最高視聴率19.7%を記録した「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」(13年)など、過去の「絶対に笑ってはいけない」シリーズを配信中。最新の「2017年絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(17年)も期間限定(1月21日まで)で見逃し配信中。

洋画ランキングでは、1位は『怪盗グルーの月泥棒』。17年7月に『怪盗グルーのミニオン大脱走』が劇場公開されたこともあり、シリーズ1作目となる『怪盗グルーの月泥棒』が多く視聴されたようだ。邦画ランキングでは、諫山創氏による人気漫画原作の実写映画『進劇の巨人ATTACK ON TITAN』がトップだった。

■総合ランキング
1位 ウォーキング・デッド
2 位 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ
3 位 愛してたって、秘密はある。
4位 徳井と後藤と麗しのSHELLY と芳しの指原が今夜くらべてみました
5位 過保護のカホコ
6位 ボク、運命の人です。
7位 雨が降ると君は優しい
8位 名探偵コナン
9位 東京タラレバ娘
10位 奥様は、取り扱い注意
11位 マツコ会議
12位 銀魂
13位 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
14位 ウチの夫は仕事ができない
15位 スーパーサラリーマン左江内氏
16位 Documentary of Namie Amuro "Finally"
17位 BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
18位 進撃の巨人
19位 コウノドリ (2015)
20位 ゲーム・オブ・スローンズ

■ランキング詳細
https://www.happyon.jp/static/ranking/index.html

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NHKが家に来ても、揉めずに1秒で帰ってもらう「魔法の言葉」が話題に!
「主演は早かった」「フジが悪い」1ケタ低迷で打ち切り! “大爆死ドラマ”主演俳優3人のその後
かたせ梨乃「すべらない話」衝撃映像にネット沸騰「凄すぎる」
菜々緒、悪女を超えた"悪魔"役「皆さんを震え上がらせたい(笑)」
想定内の苦戦も評価高まる「海月姫」芳根京子の演技
  • このエントリーをはてなブックマークに追加