AKIRA、20歳の写真に騒然「ギリギリ世に出せるものがなくて」

AKIRA、20歳の写真に騒然「ギリギリ世に出せるものがなくて」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/01/12

EXILEのAKIRA(37)が12日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画「この道」(佐々部清監督)の公開記念舞台あいさつにW主演の俳優、大森南朋(46)と出席した。

数々の童謡を世に送り出した詩人、北原白秋(大森)と音楽家、山田耕筰(AKIRA)の生涯を描いたヒューマンストーリー。この日は成人式にちなんでキャスト陣が20歳の頃の写真を公開する企画があり、AKIRAの20歳の頃の写真が大スクリーンに映し出されると会場は騒然。あまりのコワモテヤンキー姿に共演の俳優、柳沢慎吾(56)は自身の定番ギャグである“ひとり警察”にからめて「警視庁と闘ってたの?」とツッコんだ。

爆笑が巻き起こるなかAKIRAは「これしかギリギリ世に出せるものがなくて」と釈明しつつも「自分は“この道”が見つかってよかったです。20歳の頃はまだ見つかってなかった」と芸能界入りして成功した自身の人生を映画タイトルとともに謙虚に振り返った。大森は「あの頃のAKIRAさんに会わなくてよかった」と胸をなでおろしていた。

No image

20歳の頃のアブナ過ぎる写真を公開したAKIRA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
実店舗と同時にWeb展覧会も開催されている古山拓氏の個展「水彩で旅するヨーロッパ」
渡辺謙主演「王様と私」限定上映へ!トニー賞4部門のミュージカルをスクリーンで
「めちゃ美人なのに...」池田エライザの“ハレンチな仕事”に哀れむ声
「これがマンガだ!」、米LAで浦沢直樹さんの展覧会
どこまでがフィクション......? 実在の心霊スポットに潜入する韓国ホラー『コンジアム』戦慄の予告編[ホラー通信]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加