ライプツィヒのエース、マドリー移籍の噂に「興味がないと言えば嘘になる」

ライプツィヒのエース、マドリー移籍の噂に「興味がないと言えば嘘になる」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/09/16
No image

RBライプツィヒのFWティモ・ヴェルナー【写真:Getty Images】

RBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが、レアル・マドリーから獲得を希望されていることについて心境を語った。独紙『ヴェルト』が伝えた。

現在21歳のヴェルナーは、昨季1部初挑戦となったライプツィヒでシーズン合計21ゴールを記録。エースとして攻撃を牽引し、チームのリーグ2位躍進に貢献した。また、今年6月に開催されたコンフェデレーションズカップ2017にはドイツ代表のメンバーとして参加するなど、今注目の若手ストライカーだ。

そんな同選手の獲得に現在レアル・マドリーが興味を示しているようで、既に視察団を送り込んでいるとも報じられている。それに対し、ヴェルナーは正直に自身の思いを語っている。

「僕は今ライプツィヒで幸せだし、ピッチにいるときはライプツィヒのことしか考えていない。もちろん、マドリーが僕に注目しているという記事を見ると嬉しいし、興味がないと言えば嘘になるけど…」

レアル・マドリーは今夏FWアルバロ・モラタをチェルシーへと放出してしまっただけにセンターフォワードが不足する事態に陥っている。そんな状況下、スピード、決定力ともに申し分ないこのドイツの期待の若手FWの獲得は魅力的にも思われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
途中出場43秒弾!!堂安のオランダ初ゴールは貴重な逆転弾
ジエゴ・コスタのアトレティコ復帰が決定! 粘って希望を押し通す
C大阪清武「狙えるのはめったにない」3冠へ意欲
武藤嘉紀の3人抜き&GK股抜きゴールを独紙称賛「相手は混乱。ソロで得点」
“絶対的守護神”離脱で緊急事態のバイエルン、昨季引退の36歳GKが現役復帰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加