福祉車両販売、新型車効果で3年ぶりのプラス 2017年度上半期

福祉車両販売、新型車効果で3年ぶりのプラス 2017年度上半期

  • レスポンス
  • 更新日:2017/11/13
No image

日産 NV350キャラバンチェアキャブ リフター操作(参考画像)

もっと画像を見る
日本自動車工業会は11月10日、2017年度上半期(4~9月)の福祉車両販売台数を発表。総販売台数は、前年同期比6.7%増の2万1709台と3年ぶりのプラスとなった。

自動車販売全体が新型車効果等により好調に推移している中、社会の高齢化が日常的な話題となる背景もあり、福祉車両も新型車を中心に台数が増加した。

車種別では、普通・小型車が同2.2%増の1万1312台。新型車効果と福祉施設需要の復調により「車いす移動車」が同11.5%増の7098台と、半期において初めて7000台を超えた。個人ユースが多い「昇降シート車」は2648台、「回転シート車」は1140台、新型車需要一巡により前年に対し漸減した。

軽自動車は同10.1%増の7303台。新型車効果と、前年は新型への切り替え等による落ち込みがあったことから、全ての区分において前年同期に比べ増加した。

バスは同16.8%増の3094台。乗合バスのバリアフリー化施策によるノンステップバスへの変更もあり、3年連続で増加している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカのパリ協定離脱で資金難も...日本が「肩代わり」の有効性
もはや崩壊寸前、宅配クライシスを乗り越える方法
セブン、店舗をシェア自転車の拠点に ソフトバンクと共同で
20日の日本国債市場概況:債券先物は150円96銭で終了
前代未聞!あの1部上場企業で前・現社長が「排除し合い」の激烈バトル!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加