松本人志が作り出す“これまで見たことのない”お笑い密室バトルロワイヤル!

松本人志が作り出す“これまで見たことのない”お笑い密室バトルロワイヤル!

  • TVガイド
  • 更新日:2016/12/01
No image

ダウンタウンの松本人志によるバラエティー・シリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」の完成披露試写会が都内で行われた。11月30日から、動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で独占配信中(水曜日に1話更新、全4話)の同番組は、10人の参加者で繰り広げられる密室内での笑わせ合いサバイバル。参加費は100万円、制限時間は6時間、最後まで残った者には賞金1000万円が与えられる。

参加者同士があの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルール。カメラでその密室を監視する松本が「こいつ、笑ったな」と見なしたところでサイレンが始動し、レッドカードが出され、即退場となる。参加するのはお笑い濃度の濃いつわものばかり。会見にも、チェアマンたる松本のほか、ジミー大西、藤本敏史(FUJIWARA)、宮川大輔、くっきー(野性爆弾)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、久保田和靖(とろサーモン)、川原克己(天竺鼠)、アントニー(マテンロウ)が登場。会見には不参加だったが、大地洋輔(ダイノジ)、斎藤司(トレンディエンジェル)も参戦している。

参加費100万円を集めるために、若手は借金をしたり、リスクの高いアルバイトをしたりと、精神状態も参加者により大いに異なり、それぞれが名も実も懸けた真剣勝負。お笑い×ドキュメンタリーのこれまでにない番組の誕生に、松本は「コント、漫才といろいろ笑いがある中で、密室の中で誰が一番面白いのかを決める、初めてのもの。いわば密室芸の『M-1グランプリ』。今回はチェアマンとしてだったが、ちょっと参加してみたくなった」とアピール。これは見逃せないだろう。なお、会見では、早くもシーズン2の制作予定も明かされた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ノンスタ井上他、番組で“ヤバい病気”が発覚した芸能人
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
木村拓哉、『A LIFE』で“かつてのタブー”大解禁!?  SMAP解散で「なりふり構わず」に?
SMAP木村拓哉のみ「紅白」審査員抜擢の可能性も浮上
今じゃムリ!?「35歳の高校生」が超一級若手の宝庫だった...菅田将暉、山崎賢人も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加