最新ランキングをチェックしよう
決裂の米国。死神ボルトンの電撃解任は日本にとって吉か凶か

決裂の米国。死神ボルトンの電撃解任は日本にとって吉か凶か

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2019/09/18

9月11日、米国の対北朝鮮やイラン政策で強硬派、死神の異名を持つボルトン大統領補佐官が解任されたことが報じられました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、北朝鮮やイランへの強気な姿勢を貫いていたトランプ外交が和解路線へ転じる可能性に触れた上で、同盟国日本へ与える影響についても詳しく解説しています。
ネオコンの大物ボルトン解任で何が変

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「反日の元凶」文在寅を見捨てはじめた韓国世論
【日韓経済戦争】ユニクロ柳井会長「日本は最悪、韓国が反日になるのも分かる」に躍り上がった韓国メディア 発言の真意は?
韓国外務省は「深刻な遺憾の意」
なぜ中国政府は香港を「武力」で鎮圧しないのか
中国人が語る「日本を訪れて常識が覆されたこと」とは=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加