最新ランキングをチェックしよう
決裂の米国。死神ボルトンの電撃解任は日本にとって吉か凶か

決裂の米国。死神ボルトンの電撃解任は日本にとって吉か凶か

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2019/09/18

9月11日、米国の対北朝鮮やイラン政策で強硬派、死神の異名を持つボルトン大統領補佐官が解任されたことが報じられました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、北朝鮮やイランへの強気な姿勢を貫いていたトランプ外交が和解路線へ転じる可能性に触れた上で、同盟国日本へ与える影響についても詳しく解説しています。
ネオコンの大物ボルトン解任で何が変

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
女子学生のレイプ騒動、男を宿舎に連れ込んだ女性自衛官......防衛医大の“乱倫報告書”入手
「国の進路」決定を差し迫られる韓国
1個の卵で2個できる!「ミニ目玉焼き」が便利すぎた
腎臓がんを克服...はんにゃ川島「だしオイル」で12キロ痩せた
誕生日パーティーでクラスター発生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加