「こねる力」も「手先の器用さ」もいらない! かわいい「ミニ食パン」の作り方

「こねる力」も「手先の器用さ」もいらない! かわいい「ミニ食パン」の作り方

  • オレンジページ☆デイリー
  • 更新日:2018/04/18

あこがれの「手作りパン」。一度はトライしてみたいけど、こねる作業は大変そうだし、手先が器用じゃないからきれいにできないかも……なんて、しり込みしがち。

そんな不安を一掃する、簡単、かわいい手作りパンをご紹介します。

まず、「こねる作業が大変そう……」とスタートラインに立てずにいるなら、「混ぜるだけ!」でできるすごーく簡単なパン生地作りを。

No image

それもなんと! 混ぜる器は「保存容器(レンジ加熱可能なもの)」で。

No image

保存容器なら、最初に牛乳や水を入れてレンチンでき、イーストが発酵しやすい温度環境を手軽に作れるんです。そして、保存容器サイズの場所があればどこでもできるので、「広い作業台」を探さなくてもOK!

さらに、保存容器なら冷蔵庫での「ゆっくり一次発酵」が可能に。場所をとらず、ふくらみの状態がひと目でわかり、キンキンに冷えて発酵が止まることもありません。このまま6時間以上24時間まで冷蔵庫においておけるから、焼きたい日の前日仕込みも可能です。

次に、「手先が器用じゃないから、かわいい形のパンは無理」と諦めているなら、型を使ってみるのがおすすめ! それも特別なパンの型ではなく、身近な「パウンド型」を。

No image
No image

一次発酵したパンの生地をたたんでパウンド型に入れ、二次発酵。

No image

焼いて取り出せば、かわいらしい「ミニ食パン」のできあがり!

スライスすると、この断面。手のひらサイズのかわいさは、パウンド型だからこそ!

この「保存容器で混ぜるだけ」と「成形はパウンド型におまかせ」の2つの手法を組み合わせれば、こねる力いらず、手先の器用さいらずで、だれでも楽しく手作りパンができちゃいますよ。

料理/ムラヨシ マサユキ、撮影/福尾美雪、文/編集部・稲垣

『オレンジページ』2018年5月2日号より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽田空港で『りんごの自販機』を発見! 早朝フライト前に食べたらマジでスッゲー美味かった!!
『長崎ちゃんぽん』を食べたことがない道産子が生まれて初めてリンガーハットに行ってみた結果...
「ねえ、4個目はもっとおいしいんじゃない...?」 静岡県民のソウルフード「さわやか」に行ってみたレポ漫画がなんか怖い
見つけたら即ゲット!カルディで買える「フォロミール」は絶品無添加ドレッシング--かけるだけでレストランの味に!?
セブンの「すみれチャーハン」が話題沸騰中! 「冷食とは思えない」「まじでうまい」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加