最新ランキングをチェックしよう
なぜCTを撮っても医師はがんを見逃すのか?予防策は?

なぜCTを撮っても医師はがんを見逃すのか?予防策は?

  • アゴラ
  • 更新日:2017/11/14

10月30日、横浜市立大学付属市民総合医療センターは、動脈瘤の手術のために入院した患者の膵癌が見逃され、5ヶ月間放置し適切な治療が施されなかったたことを公表しました。
該当患者は術前にCTを撮影しており、その際に、放射線科医から膵癌の可能性を指摘されていましたが、それを外科の担当医が見逃し、結果として癌が放置されることになった患者は五ヶ月後に他の病院で膵癌を指摘され、その際は既に癌が進行しており、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加