アンタ柴田が力説「芸能界においてメンタルってすごく大事だと思う」

アンタ柴田が力説「芸能界においてメンタルってすごく大事だと思う」

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2018/02/15
No image

アンタッチャブル・柴田英嗣が講師を務める (C)AbemaTV

弱肉強食のテレビ業界の第一線で活躍する先輩芸能人が“講師”として登場し、芸能界で生き残るためのテクニックやルールを次世代に伝授していくバラエティー「芸能義塾大学」(毎週金曜夜0:00-1:00、AbemaSPECIAL)。2月16日(金)は、アンタッチャブル・柴田英嗣が登場する。

【写真を見る】“テラハ史上No.1美女”Nikiや元AKB48・大和田南那が講義を聞き入る

今回は「これを学べば、あなたも出川哲朗になれちゃう!?動物の生態から学ぶ芸能界生き残り講座」と題し、動物大好きでその知識を生かして動物本まで出版した柴田が講師を務め、今井華、是永瞳、都丸紗也華、大和田南那、Nikiの5人に、出川哲朗のように息の長いタレントになるためのテクニックを伝授する。

まず、生徒たちに“自分を動物に例えるとしたら?”と質問すると、都丸は「冬が好きで、ぬくぬくしていたいので猫」、大和田は「気が強い動物かもしれない。だからライオン」、そしてNikiは「結構マイペースで、ダラダラするのが好きなのでナマケモノ」、是永は「身長が173cmあるのでキリン」、最後に今井は「綱渡りが上手いので、猿とかチンパンジーかな」と、それぞれを動物に例えた。

それを受け、柴田は「芸能界もそうですけど、動物界は特に生きるか死ぬかの弱肉強食の世界。今、皆さんが見ている動物というのは、生命が誕生した歴史の中の、勝ち残り組なんです! どれだけの恐竜や生物が誕生して、今の数になったか。

今生きている動物は、エリートです! その世界を、芸能界にも当てはめるべく、僕は話を持ってきました」と意気込みを語った。

そんな柴田が伝授する「動物の生態から学ぶ生き残り術第4位」は、「“ラーテル”のメンタル力を身に付ければ、テレビマン受け間違いなし!」というもの。

そもそも“ラーテル”のことを知らず、戸惑う生徒たちに「ラーテルというのは、世界中で認められた、すごく有名な動物。“世界一怖いもの知らずの生き物”として、ギネスブックに載っている」と説明した。写真を見ながら、柴田はラーテルのメンタルがなぜ強いのか、その生態について解説していく。

柴田は「芸能界においてメンタルってすごく大事だと思う。例えば自分。相当(メンタルを)削られたことがあった。でも、これを笑い話にできるって、相当なメンタルだと思いません? 例えば、不倫のニュースとかたくさんありますけど、復活された先輩方もいます。そういう強いメンタルって大事だと思う」と力説する場面も。

動物の生態についての解説が続く中、今井から「やっぱり1割くらいしか、芸能界のことは教えてくれないんですね」とツッコミが入り、柴田さんは「俺から教えられることなんてない。俺はむしろ、ようやく復活してきた人だから。俺は谷に落ちている。

でもスタッフさんとか、友達とか、芸能界の仲間たちがトランポリンを敷いていてくれたから、たまたま勝ち上がれた。僕はラッキーです。イレギュラーパターン」と、自虐を交えて話し、笑いを誘っていた。(ザテレビジョン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「もうヤメて!」浜崎あゆみの露骨“匂わせ投稿”にファンが悲鳴
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
篠崎愛の風呂上がり“全裸ターバン”暴露
菜々緒と菅田将暉の交際発覚で分かれた「評価」
IVAN、安室奈美恵との関係性を「カミングアウトします」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加