Z世代がハマる動画共有アプリとVTuberのパワー

Z世代がハマる動画共有アプリとVTuberのパワー

  • @DIME
  • 更新日:2019/01/13
No image

1990年代半ばから2000年代序盤までに生まれた完全なるデジタル世代はZ世代(別称ジェネレーションZ)と呼ばれています。彼ら若者の間でトレンドとなっている動画SNSアプリやライブ配信アプリ、Vtuberに今回は注目してみました。

Z世代のコンテンツ

TikTok、ライブ配信アプリ、Z世代が熱狂する最新コンテンツ

No image

昨年は、「インスタ映え」が一大ブームとなったが、今年は動画SNSアプリがトレンドとなっている。そして、その象徴的な存在がTikTok。投稿できる動画の長さはわずか15秒。しかしその長さが「投稿しやすい」「見るのにテンポが良い」と現在の若者のニーズにマッチ。一方、密かに熱狂的ブームとなっているのが、ライブ配信アプリだ。動画の配信者には何百万円という大金を得ることや、雑誌、モデル、CMに出演できるチャンスが生まれる。「スマホがあれば何でもできる」社会はさらに進化しているのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/620977/

Twitter、Instagramに肉薄!TikTokの15秒短編動画がZ世代にウケる理由

No image

音楽や音声に合わせて口を動かしたり踊ったりすることで15秒の短い動画を投稿するSNSが大ヒットしている。2016年に中国版がリリースされ、目下、世界150か国以上でのアクティブユーザーは2億人以上。日本版アプリの登場は昨年8月だが、拡散力の高いZ世代にマッチしたアプリだからこそ、ここまで大人気となった。その人気の秘密について分析しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/621001/

おじさん必読!10代が熱狂するライブ配信アプリ経済の構図

No image

昨年から今年に入り人気に火がつき、ギャンブル的な要素が強まってサービスも拡大。視聴者にとっての魅力は「普段は会えないようなすてきな人と会話ができ、その人の夢を応援できる」こと。一方の配信者は、そんなファンの心をいかに摑み、夢を叶えられるのかを日々模索する。

【参考】https://dime.jp/genre/621035/

他の国のライバーともやり取りできる世界累計6500万ダウンロードのライブ配信アプリ「LiveMe」

No image

2016年9月に日本版が登場し、目下、世界85か国で展開されているアメリカ発のアプリ。ほかのアプリとは異なり、ほかの国のライバーとやりとりをすることが可能なほか、スマホの位置情報から近くにいるライバーを見つけることができる。

【参考】https://dime.jp/genre/621062/

企業とのコラボイベントも!有名タレントや芸人ともやりとりできる「SHOWROOM」人気の秘密

No image

2013年11月からPC用ライブ動画配信を始め、翌年にスマホアプリを作成した草分け的存在。一足早くアイドルを中心に配信を始め、現在でも乃木坂46のメンバーやお笑い芸人のライブ配信が楽しめるのが最大の特徴で、知名度は最も高い。

【参考】https://dime.jp/genre/621074/

月収数百万円のライバーが続出!ユーザーと一緒に夢を叶えるライブ配信アプリ「17 Live」人気の秘密

No image

日本への進出は2017年9月だが、山手線の車内広告すべてをジャックするなど大々的なプロモーションを展開し、売り上げ日本ナンバーワンライブ配信アプリと称する。

【参考】https://dime.jp/genre/621078/

スターを目指すライバーが集結!ライブ配信アプリ「LINE LIVE」人気の秘密

No image

2015年にLINEが開始したライブ配信プラットフォーム。芸能人が生で配信する新しい試みで注目をさらい、配信初日の視聴者は500万人を超えた。

【参考】https://dime.jp/genre/621080/

累計再生回数1800万回!「ペプシJコーラ」がTikTokをプロモーションに活用した理由

No image

あの石川さゆりが着物姿で登場し、ロック調のソーラン節に合わせ、キレッキレのダンスを披露。さらに声優の上坂すみれ、プロレスラーの棚橋弘至、青森県黒石市のゆるキャラまで登場するお祭り動画が爆発的な再生数を記録した。

【参考】https://dime.jp/genre/621085/

ライバーを応援する投稿者の熱意に注目したキリンビバレッジ「午後の紅茶」のプロモーション戦略

No image

清涼飲料の紅茶カテゴリーでは、50%近いシェアを誇るキリンビバレッジの『午後の紅茶』。そのメインのターゲットは20~30代の女性だ。だが、さらに若い世代に対しても認知度を上げ、ブランド価値を知ってもらうための新たな試みをこの9月に行なった。

【参考】https://dime.jp/genre/621099/

ロート製薬がVtuberを社員に抜擢した理由

No image

YouTubeを主戦場に、大きな人気配信者となっているのが、Vtuber(バーチャルユー・チューバー)。CGやイラストで描かれた美男美女が、ライブで視聴者のリクエストに対し動きや声で自由にコミュニケーションできる。

【参考】https://dime.jp/genre/621111/

構成/チーム@DIME

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今、スマートフォンで自動化できる日常アレコレ
【今日の無料アプリ】360円→無料♪様々な動画や書類をまとめて管理!「iLax - ビデオダウンローダ」他、2本を紹介!
荷物一時預かりシェアサービス「ecbo cloak」、アプリ公開
バイク駐車場&ツーリングスポット検索アプリ、道の駅404件を追加掲載
ローマ教皇、お祈りアプリをご承認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加