乾のアシストから決勝弾 エイバル監督も納得の一撃「我々のサッカーを反映したもの」

乾のアシストから決勝弾 エイバル監督も納得の一撃「我々のサッカーを反映したもの」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/09/16
No image

レガネス戦にフル出場した乾、鋭いカウンターからのゴールにメンディバル監督は手応え

エイバルの日本代表MF乾貴士は現地時間15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節レガネス戦に先発フル出場し、DFガルベスの決勝ゴールを導く今季初アシストを記録。1-0の勝利に貢献した。乾の活躍でチームは今季ホーム初勝利を飾ったが、ゴールの形はホセ・メンディバル監督も納得のもので、次戦バルセロナ戦に向けて良い流れのようだ。

「決して良い試合ではなく、まだ改善点が必要だ。ただ少しの安息が必要だ」

スペイン紙「マルカ」によると、試合後メンディバル監督はこう切り出したという。試合は豪雨が降りしきる時間帯があるなど難しい条件のなか、スコアレスで推移した。その均衡を破ったのは後半7分のこと。DFガルベスがセンターライン付近でボールを奪うとそのままドリブルで持ち運び、左サイドの乾へパス。これを左サイドのペナルティーエリア外45度で受けた乾が切り返して、右足でクロスを送り込むと、ゴール前に走り込んだガルベスがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

このゴールについて、鋭いカウンターを持ち味とするエイバルの形が出たと指揮官は手応えのある表情を浮かべていたようだ。

「(ガルベスのゴールは)我々のサッカーを反映したもので、チームにとって自然な動きだった。ボールを奪ってからサイドに展開して中央エリアで仕留めた。我々はこのゲームでもっとこういった影響をもたらすべきだった。なぜなら我々は二人の選手がそれぞれサイドに、前線には二人配置されており、そこで戦いたいからだ」

敵地バルサ戦、前回2得点の乾が活躍するか

エイバルの基本フォーメーションは4-4-2で、サイドバックを絡めた2列目両サイドの崩しから2トップで仕留める形を狙いとしている。この日は攻撃参加したガルベスがヘディングシュートを決めたが、チャンスメーカー役として左サイドの乾が攻撃のキーマンであることを示唆している。

エイバルの次戦は現地時間19日に行われる敵地バルサ戦だ。「我々は勝利を喜び、2日間で今日があまり良くない試合だったことを忘れるだろう。バルセロナ戦は勝ち点3しか見ていない」とメンディバル監督は語っている。昨季最終節では乾がカンプノウで2ゴールを叩き込み、7万人を超えるファンを黙りこくらせるシーンもあったが、その再現となるか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ブンデス日本人の現地評】長谷部を各メディアが称賛、得点の香川、武藤には辛口評価も... etc.
武藤嘉紀、ブンデス公式サイトでベスト11に。3人抜きのスーパーゴール記録
途中出場43秒弾!!堂安のオランダ初ゴールは貴重な逆転弾
長友フル出場のインテル、PKから同点に追いつくも...開幕4連勝でストップ
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加