ラミレス監督「楽しみ」16日から巨人と3位攻防戦

ラミレス監督「楽しみ」16日から巨人と3位攻防戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

広島対DeNA ベンチから険しい表情で戦況を見つめるラミレス監督(撮影・河野匠)

<広島5-4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

DeNAが絶好機をいかせず、勝機を逸した。4-4の8回。無死満塁で代打攻勢を仕掛けた。

1番手の乙坂智外野手(23)は二ゴロ、続く後藤武敏内野手は空振り三振。9番倉本寿彦内野手(26)は、試合前時点で得点圏打率3割5分0厘。しかし、遊直で3者凡退に倒れた。先発今永昇太投手(24)は1回こそ3者凡退で最高の立ち上がりを見せたが、2回以降は毎回安打を許し5回4失点で降板。「調子自体は悪くなかったし、体のコンディションも全く問題ない。要所で冷静になることができず、気持ちのコントロールがうまくできなかった」と悔しがった。

チームは3位巨人を1ゲーム差で追う。16日からは東京ドームで直接対決2連戦。アレックス・ラミレス監督(42)は「エキサイティングなものになる。3位攻防戦は多くの人が楽しみにしているだろうし、我々も楽しみにしている」と、不敵な笑みを浮かべた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今秋ドラフト候補の奈良学園大・宮本&村上海に阪神と巨人から調査書
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
昨季最下位→現在4位で...オリ福良監督 続投決定「来年はCS」
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
広島・江草 現役引退 未練は...「マツダのお立ち台に立ちたかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加