鹿島レアンドロ頭左左弾 チーム12年以来のハット

鹿島レアンドロ頭左左弾 チーム12年以来のハット

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

後半、ハットトリックを決め喜ぶ鹿島・レアンドロ(共同)

<明治安田生命J1:新潟2-4鹿島>◇第26節◇16日◇デンカS

首位の鹿島アントラーズがMFレアンドロのハットトリックなどで、最下位のアルビレックス新潟に4-2と逆転勝ちし、勝ち点を58に伸ばした。

先制したのは新潟だった。前半5分、FWドウグラス・タンキがMG小川の左クロスを左足で合わせた。同45分にはMF磯村の左クロスをファーサイドでMFホニが右足で合わせて2点をリードした。

だが鹿島は後半4分、MFレオ・シルバの右CKをDF西が頭でそらすと、最後はレアンドロが頭で押し込み1点目。同22分には西のパスを受けたレアンドロが今度は左足でゴール。同36分に再びレアンドロが左サイドの角度のない位置から左足でシュートを決めて、ハットトリックを達成した。鹿島の1試合3得点は12年10月6日東京戦でドゥトラ以来となった。終了間際にはFW金崎のPKで加点し、4-2とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加