【報ステ】国有地売却問題「関与あれば総理辞める」

【報ステ】国有地売却問題「関与あれば総理辞める」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/02/18

大阪府豊中市で私立小学校の建設が進む約8800平方メートルの土地が17日の国会で取り上げられた。国有地だったこの土地の評価額は9億5600万円だが、去年、大阪市の学校法人「森友学園」に1億3400万円で売却されている。この土地に建てられる小学校は、安倍総理の昭恵夫人が名誉校長を務めていて、野党側は、取引は不透明だと批判。これに対し安倍総理は「私や妻は、この認可あるいは国有地払い下げに、事務所も含めて一切関わっていない。関わっていたのであれば、私は総理大臣、国会議員を辞める」と述べ、関与を否定した。財務省は、この土地について「地下に大量のごみが見つかり、その撤去費用を差し引いた。適正な価格で売り渡した」と説明している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昭恵夫人は何も答えず...総理「辞任を申し入れた」
小池知事、五輪の仮設整備費は「本来は組織委が負担」
2017年度予算案 週明けに衆議院通過で年度内成立へ
【報ステ】百条委員会、石原元都知事を証人喚問へ
進まぬ参院「一票の格差」改革 合区で低投票率、さらに拡大も 自民は改憲掲げるも各党に溝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加