アラダイス監督、ウォルコットへ“ラブコール”「来てくれたら嬉しいね」

アラダイス監督、ウォルコットへ“ラブコール”「来てくれたら嬉しいね」

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/13
No image

エヴァートンからの関心が報じられているウォルコット [写真]=Getty Images

エヴァートンの指揮を執るサム・アラダイス監督が、アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコットへの関心を認めた。同日付のイギリス紙『デイリースター』が伝えている。

「人々は私たちがセオに関心を持っていることに気付いているよね。もし彼がチームに来てくれたら嬉しいね。彼は私たちのチームに新たな風を吹かせてくれる選手だ」

「彼は選手として様々な経験をしてきて、成熟している。エヴァートンにインパクトを与えてくれるだろう。彼は現在28歳で、キャリアのピークとなってもおかしくない年齢だ。彼のプレミアリーグでの経験が私たちにとってプラスになることは間違いない」

ウォルコットは今シーズンのプレミアリーグでは5試合の出場、時間に換算すると1試合にも満たない74分の出場にとどまっている。出場機会を求めて移籍を希望していると報じられているが、今冬にウォルコットの獲得に乗り出しているクラブはエヴァートンだけではない。サウサンプトンやウェストハムなども関心を示しており、エヴァートンと争奪戦を繰り広げることになる模様だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
負けて審判のせいにばかりする中国サッカーU−23代表に、人民日報がついにキレた!
メッシ、“宇宙クラス”の圧巻FKに地元紙脱帽 「成層圏を破壊し、世界を驚嘆させた」
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
「陸王」モデル“伝説の靴職人” 記者会見で職人魂 箱根往路Vシューズに異議
「ジョーの名古屋移籍の真実」。移籍金は当初報じられた15億円ではなく...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加