最新ランキングをチェックしよう
「エネルギー関数」を用いてコンピューターに概念を機械学習させる

「エネルギー関数」を用いてコンピューターに概念を機械学習させる

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/11/10

機械学習の効率を高めるため、エネルギー関数を用いて2次元上に存在する点に関する「近い」「上側」「間」「最も近い」「最も遠い」といった概念のインスタンスの識別・生成を行える学習モデル「Energy-Based Model」の研究結果が発表されました。このモデルを使うと、わずか5回のデモンストレーションを行うだけで機械学習が行われ、その成果は2次元だけでなく3次元にも応用が可能であるとされています。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型PloomTECH(プルームテック)の発表キターッ! 2モデル登場で発売開始は1月29日と判明ッ!!
Nike、スマートスニーカー「Adapt BB」を発表
ルイ・ヴィトンのロゴ入りワイヤレスイヤホン発売、お値段11万円!
4800万画素カメラ、8GB RAM、1TBストレージのスマホ。いくらだと思う?
レビュー:プルームテックの新モデル「プルームテックプラス」を吸ってみた! 吸い応え “プラス” で満足度高し!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加