後がないブルージェイズが初勝利!ドナルドソンが先制弾

後がないブルージェイズが初勝利!ドナルドソンが先制弾

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/10/19
No image

先制本塁打を放ったブルージェイズのドナルドソン

○ ブルージェイズ 5 - 1 インディアンス ●
<現地時間10月18日 ロジャース・センター>

ブルージェイズがインディアンスに5-1で勝利し、対戦成績を1勝3敗とした。

負けるとその瞬間、今季の戦いが終わるブルージェイズ。ホームの大声援を受けて、躍動した。両チーム無得点で迎えた3回、二死走者なしから今季37本塁打を放ったドナルドソンが、レフトスタンドに突き刺す本塁打で先制する。

4回は2つの四球で一死一、二塁のチャンスを作ると、カレラがセンターへタイムリーで追加点。4回までインディアンス打線を無失点に抑えていた先発のサンチェスは5回二死、一塁からペレスにタイムリー二塁打を浴び1点差に迫られる。それでもサンチェスは6回を2安打1失点と好投を見せ、リリーフ陣に後を託す。

サンチェスの後を受けて7回から登板した2番手・セシルは、2つの三振を奪う完璧なリリーフを見せると、その裏、エンカーナシオンの2点タイムリーが飛び出しリードを広げた。さらに8回にもピラーの犠飛で1点を追加。リードが4点となった9回は、守護神のオズナが3人で斬って取り、試合を締めた。

ブルージェイズは勝利したが、インディアンスが王手をかけており有利な状況が続いている。ブルージェイズとインディアンスのリーグ優勝決定戦第5戦は、日本時間20日、5時08分にプレイボール予定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
注目の巨人のプロテクト 前回の人的補償から見るポイントは?
山口と森福が巨人入りへ! 過去FAで加入した投手陣を振り返る
FA森福3年4億超で巨人「新しい方が成長できる」
山口俊、身も心も巨人色!DeNA断ち切って断髪&ヒゲそった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加