シン・ゴジラ「第二形態」のモデルとなった深海魚、沼津港深海水族館に展示

シン・ゴジラ「第二形態」のモデルとなった深海魚、沼津港深海水族館に展示

  • Excite
  • 更新日:2016/12/01
No image

「沼津港深海水族館」が深海鮫の一種「ラブカ」の展示を開始することをTwitterで発表。この知らせに映画「シン・ゴジラ」のファンが歓喜している。ラブカは「シン・ゴジラ」の第二形態のモデルと言われている生物だからだ。

沼津港深海水族館とは?

最深2,500メートルを誇る駿河湾。そのすぐそばにある水族館が「沼津港深海水族館」だ。立地を活かすことで、生物に移動のストレスを与えず館内に運び込めるため、湾から遠く離れた水族館では運べない生物も展示されている。
同水族館は11月30日、「速報! ラブカが刺し網にかかり展示へ」とラブカの写真を付けてツイート。これには「めったに見れないから見に行きたいです」「凄い凄い、素敵 時々ツイッターに載せてください」「うおおおおおおおお!!!!!! ラブかあああああ!!」と歓喜の声が寄せられた。

速報 ラブカが刺し網にかかり展示へpic.twitter.com/WWP1c9mSb7

同館ブログによるとラブカが捕獲されたのは今シーズン2回目。以前にも、ラブカを精巧に再現したぬいぐるみを発売したことなどで話題になっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テレ朝・田中萌アナのゲス不倫報道に乙武洋匡激怒「いまさら何を言ってるんだか」
松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白
「小学校に入学するときの自分と、高校を卒業するときの自分を並べてみた...」比較写真いろいろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加