逆転突破の夢、潰える...A・マドリーが痛恨のドローでCLグループステージ敗退!

逆転突破の夢、潰える...A・マドリーが痛恨のドローでCLグループステージ敗退!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

得意のドリブル突破が冴え、アトレティコ守備陣を崩したアザール。勝利にこそ導けなかったものの、この殊勝な出来は特筆に値する。 (C) Getty Images

No image

身体を張った守備は披露したものの、まさかのオウンゴールを献上したA・マドリー。まさに痛恨だった。 (C) REUTERS/AFLO

11月21日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ最終節が行なわれ、チェルシーとアトレティコ・マドリーと対戦した。

前節にローマから金星を挙げ、グループ突破に一縷の望みを繋いだA・マドリーは、この試合でも、決勝トーナメント進出のために絶対勝利が必要なため、キックオフ直後からアグレッシブに仕掛けた。

一方のチェルシーも、試合前に「どんな試合でも勝利を目指す」と意気込んで指揮官アントニオ・コンテの言葉通りに、首位通過を懸けて奮闘。極端に引くことなくA・マドリーに対して真っ向から対抗した。

一進一退の攻防が続いたものの、試合の経過とともに主導権を握ったのは、勝利への意欲を示したA・マドリーだ。力を漲らせるアウェーチームは、ストライカーのアントワーヌ・グリエーズマンを中心に素早い攻めを展開した。

それでもアウェーチームはシュートの精度を欠いて、チェルシーの牙城を崩しきれず。試合はスコアレスで折り返した。

迎えた後半、指揮官ディエゴ・シメオネに鼓舞されたアウェーチームは、攻勢を強め、得点への意欲を示すと、その姿勢が早々に結果をもたらす。

56分、右からのCKを、ニアサイドでフェルナンド・トーレスが背後へフリック。これにファーサイドでフリーとなっていたサウール・ニゲスが押し込んでネットを揺らしたのだ。

A・マドリーに押し込まれ、先手を取られたチェルシーだったが、ここで目が覚めたかのように攻勢へと転じる。そして、コンテも次々と攻撃的なカードを切る。

64分に守備的MFのティエムエ・バカヨコを下げ、スペイン代表FWのペドロ・ロドリゲスを、さらに73分にダビデ・ザッパコスタに代えて、ブラジル代表ウインガーのウィリアンを送り込んだ。

これでA・マドリーを完全に押し込んだチェルシーは、ついにはエースがゴールを呼び込む。

75分、セスク・ファブレガスからのボールを敵ペナルティーエリア左手前で受けたエデン・アザールが、果敢なドリブル突破から鋭いボールをボックス内へと蹴り込むと、これがステファン・サビッチの足に当たってネットへと吸い込まれた。

オウンゴールで同点とされ、後がなくなったA・マドリーも勝負に出る。79分にルチアーノ・ビエットとアンヘル・コレアのアルゼンチン代表FW2人を同時に投入したのだ。

それでも終盤戦の主導権を握ったのはチェルシーだった。82分には、アザールがドリブル突破からウィリアンの決定機を演出するなど、A・マドリーを窮地へと追い込んでいった。

その後も、焦るA・マドリーを尻目に攻め続けるチェルシーという構図に変化は見られず……。結局、試合は1-1で終了した。

この結果、A・マドリーの夢は儚くも潰え、CLでは4大会ぶりにグループステージで姿を消すこととなった。

一方、終盤に意地を見せながらもドローに終わったチェルシーも、同時刻に試合を行なっていたローマがカラバフに勝利したため、勝点では並んだものの、直接対決の結果によって2位通過となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサ『再び勝利する時』
アーセナルFW倒した吉田麻也のプレーに「PK与えるべきだった」という意見も
「バルサ流はイングランドでも通じる」、ダービー制したペップが雄弁に語る
脱税CR7 罰金は40億円か
ダービー後にも両チーム衝突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加