オリ・吉田正 雄星から8回決勝打「アメージング!」

オリ・吉田正 雄星から8回決勝打「アメージング!」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/10

◇パ・リーグ オリックス4―2西武(2017年8月10日 京セラD)

No image

<オ・西>8回裏2死一、二塁、勝ち越し適時二塁打を放った吉田正(右)は、ベンチのナインにハイタッチで迎えられる

オリックス2番・吉田正が同点の8回に西武・菊池から決勝の2点適時二塁打を放って、チームを2カード連続の勝ち越しに導いた。

8日にも2本塁打で勝利に貢献し、自身2日ぶりのお立ち台に「アメージング!」と笑顔。「同点に追いつかれて、『ここしかない』と思って初球からいきました」と殊勲打を振り返った。

前回7回無得点と苦しめられた西武・菊池との対戦。研究熱心な2年目の主砲は「いい投手なので食らいついていければ」と打撃練習から左投手を相手にイメージトレーニング。努力が実り「勝ちにつながって良かった」と安どの表情を浮かべた。

これで6試合連続安打と絶好調。福良監督も「勝負強さを見せてくれた」と手放しで称賛した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NHK ニュースで広陵・中村の新記録6号を生中継できず「バッドタイミング」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
ロッテ伊東監督「3拍子そろう逸材」広陵中村を絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加