今年50歳を迎えた田島貴男が明かす『接吻』誕生の秘密 「ラブソングを通らずに何が表現だ!」

今年50歳を迎えた田島貴男が明かす『接吻』誕生の秘密 「ラブソングを通らずに何が表現だ!」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2016/12/01
No image

週プレと同じく、今年50歳を迎えた田島貴男さん

今年、メジャーデビュー25周年を迎え、ますます精力的に活動するオリジナル・ラブ。

4月には、若手バンドCeroやペトロールズをゲストに迎え、初めてとなる主催イベント「Love Jam」を開催。6月にニュー・シングル「ゴールデン・タイム」もリリースした。

また田島貴男ソロとしては、「弾き語り」ライヴと「ひとりソウルショウ」をコンスタントに開催し、フットワーク軽く全国各地を飛び回っている。

実は、田島貴男と『週刊プレイボーイ』は同じ1966年生まれ。そこでエネルギー満ち溢れる同級生である彼を直撃! 50年を振り返ってもらいつつ、ミュージシャンとしての現在の心境まで語ってもらった。

―今年は創刊50周年なんですが、同じ1966年生まれということで、田島さんは週プレをご覧になったことあります?

田島 見てたね。アグネスラムとか週プレで見たのを覚えてるし。

―好きなアイドルなんかいたんですか?

田島 中学の頃は石野真子さんが好きだったね。当時住んでた兵庫の芦屋のスーパーに営業で来たことがあって。可愛いなぁって。

―石野真子さんの水着グラビアにムラムラしたりも…。

田島 それはちょっとあったかもね。あはははは。

―田島さんご自身にも過去何度か出ていただいてます。他のミュージシャンは趣味の話とかするのに、驚くほど音楽しか喋ってなくて。

田島 (週プレのバックナンバーを眺めながら)本当だ(笑)! まぁでも音楽のことばかり考えてたからね。

―そもそも、ミュージシャンになろうと決めたきっかけは?

田島 元々、なろうと思ってなったわけじゃないけど、大きかったのは中2の時に見たポリスのコンサート。本当に素晴らしかった。最初、暗闇の中、曲がテープで流れるんですよ。で、それがいつのまにか生演奏とすり替わってて。「あれ?」と思った瞬間、突然スポットライトが点灯してスティングがステージに立ってる。それがカッコよすぎてね。こっそりテープレコーダーで隠し録りしてたけど「ウォォッ!」って僕と一緒に行った友達の絶叫しか入ってなかったくらい(笑)。

その辺からパンク、ニューウェイブに熱狂しちゃった。その後、曲を書くようになったけど、気持ちはいつもロンドンの片隅にいましたから。そうしたらいつの間にかミュージシャンになってた感じですね。

―その後、ミュージシャンとしての転機というと、やはりデビュー時?

田島 もっと前の19歳ですね。80年代の半ば。ずっと好きだったパンク、ニューウェイブが失速して、良い音楽の定義がわからなくなったんです。それでいろいろ考えた末、本当に大事な音楽はポップスなんだって結論に達して。本当に優れたポップスは、時代を越えてスタンダードになる。僕もミュージシャンとしてそういう曲を書きたいと。そこからオリジナル・ラブが始まったんです。

―93年には『接吻』がヒットして、中島美嘉さんから中森明菜さんまでカバーも多い。まさにスタンダードですよね。

田島 あの曲は今でも月に1回くらいカバーの申請がくるんです。発売当時はヒットしたとはいえ、チャートの10位にも入ってなくて。だからこんなに長く愛され続けているのは嬉しいですよね。それまでラブソングがちゃんと書けたことがなかったし。

―えっ! そうだったんですか?

田島 いや、書いてはいたけど、あまりうまく書けなかった。恥ずかしかったし(笑)。でもラブソングを通らずに何が表現だ、自分の核心を歌にできないなんて情けない!と思って試行錯誤してたんです。

そんな時、ドラマの主題歌でラブソングの話をいただいて。やばい、どうしようって思いながら帰ったら、急にサビが浮かんじゃった。サビができたらメロディが書けて、詞も1週間で書けちゃったね。

―すごい! 一体、何があったんですかね?

田島 その試行錯誤してた頃、はっぴいえんどにサザンやユーミンから歌謡曲まで、日本の音楽を聴きまくってたんです。パンク、ニューウェイブこそ最高だ!っていう洋楽の呪縛から解放されて、普遍性のあるポップスには感動する歌詞とメロディが同時にあるという感覚を身に付けようとしていた。『接吻』は、そういった前段階の試行錯誤を長いこと続けたからこそ形になった。ポコッと生まれたけど、そこに至るまでは何年もかかった曲なんですよ。

―ある意味、オリジナル・ラブの方向性に確信を与えたと。

田島 その後もたくさんのいろんな音楽に出会って、影響されてアルバムを作る時にいろいろアレンジを変えたけど、普遍性のあるポップスを作りたいという思いは同じだし、その曲作りの設計図は一緒ですね。

(取材・文/大野智己 撮影/井上太郎)

■田島貴男(たじま・たかお)

1966年4月24日生まれ 東京都出身。

1985年、田島貴男を中心にバンド“レッドカーテン”を結成し、1987年にバンド名をオリジナル・ラヴに変更。1991年にアルバム『LOVE! LOVE! & LOVE!』でメジャーデビュー以降、「接吻 kiss」「朝日のあたる道」「プライマル」など数々のヒット曲を生む。今年6月にはメジャーデビュー25周年記念となるシングル「ゴールデンタイム」をリリース。

○現在、「田島貴男 ひとりソウルツアー 2016」開催中。来年2月からは「弾き語りツアー 2017」スタート。最新情報は公式ホームページhttp://originallove.com/、公式Twitterでチェック!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恵比寿で熱狂の一夜!藤井隆主宰SLENDERIE RECORDの「MUSIC AWARD」
「B’z」の稲葉浩志がサラスとJ-WAVEの公開収録イベントに出演!
「エルドライブ【elDLIVE】」第2弾PV公開 新キャラ&主題歌も登場
鼻キス・入浴・ベッドシーン...MVが話題のlol、快挙達成
「ツキプロ」のテレビアニメ化企画が始動! 4ユニットから総勢17人出演の「日常系音楽アニメ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加