お手本的カスタム。メルセデスの軍用車両もここまでスタイリッシュになる

お手本的カスタム。メルセデスの軍用車両もここまでスタイリッシュになる

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2017/12/07
No image

掲載:d.365

一般的には高級セダンメーカーとして知られているメルセデス・ベンツだが、実はタフな多目的商用車両から軍用車両まで、バリエーション豊かな車種を製造している。そんなメルセデス・ベンツの軍用車両をポップなカラーに染め上げ、街乗りしやすいようにドレスアップした車両『Mercedes-Benz Wolf 250GD』が海外のオークションに出品され、4万6500ドル(約520万円)で落札された。

【詳細】他の写真はこちら

軍用車の面影を残しつつスタイリッシュに

ポーランドから出品されたこの1990年式『Mercedes-Benz Wolf 250GD』は、ドイツでリファービッシュ(再整備)が行われた車両だという。軍用車の面影を残すシュノーケルキット、グリルガード、ジェリカンおよび増加装甲ホルダーはそのまま。鉄肌からリペイントされ市販車のような雰囲気を獲得したオーバーフェンダー付きのボディは、よりスタイリッシュな外観に。

サスペンションは2インチのリフトアップが行われ、15インチのメルセデス製ホイールと33インチのBFグッドリッチ製全地形対応タイヤが履かされている。

意外にもハイテク?Bluetoothを使った音楽再生が可能

車体色に合わせて内装の金属パネル部分にもペイントが施されている点は見逃せない。ブラックの布張りシートに洒落っ気はないものの、肉厚でなかなか快適そうだ。年代物の車両にも関わらず、Bluetooth連携で音楽が再生できるといった現代的な装備も追加されている。

エンジンはオリジナルのパーツではないものの、ディーゼルの2.5リッター「OM602」を搭載。5速マニュアルトランスミッションと組み合わされている。バッテリーやオイルフィルターは新品交換済みとのことで、すぐにでも快調に走り出すことができそうだ。

関連サイト
Mercedes-Benz Wolf 250GD(オークションサイト)

text塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千円安いしまむらボアコートはユニクロを超えられるか!?
なぜ自衛隊は「休むこと」を命令するのか
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
職人技と機械式腕時計の精緻な世界が高い次元で融合したセイコー『プレザージュ 青琺瑯モデル』
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加