ゾゾ前澤氏、123億円で落札のバスキア作品を米美術館に貸し出し

ゾゾ前澤氏、123億円で落札のバスキア作品を米美術館に貸し出し

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

米ニューヨークの競売で1億1050万ドル(約123億円)で落札されたジャンミシェル・バスキアの作品(2017年5月5日撮影)。

【AFP=時事】オンラインファッションサイト「ゾゾタウン」の創業者、前澤友作氏が1億1050万ドル(約123億円)で落札した米国人美術作家ジャンミシェル・バスキアの1982年の作品が今月、バスキアの故郷、米ニューヨーク・ブルックリン地区の美術館で初めて展示される。

キャンバスにオイルスティックとアクリル、スプレーペイントで頭蓋骨を思わせる頭のイメージを描いたこの無題作品は、これまでほとんど公開されたことがないばかりか、美術館での展示は皆無だった。昨年5月、競売大手サザビーズのオークションで前澤氏が落札した。落札額は1億1050万ドルで、バスキア作品として最高額だっただけでなく米国人アーティストの作品としても最高額を記録した。

ブルックリンでハイチ人の父とプエルトリコ人の母との間に生まれたバスキアは、1988年に薬物の過剰摂取により27歳の若さで死去した。アーティストとしての活躍期間はわずか8年だったが、その作品は絶大な人気を誇り、レオナルド・ディカプリオさんやジェイ・Zさんといったセレブが作品を購入している。

だが、専門家らはバスキアが遺した作品の大半は大衆文化にとどまるものだとしてきた。一方で美術館はバスキアの偉大さを軽視していると非難されてきた。

ブルックリン美術館によると、この作品は1月26日から3月11日まで展示される。同美術館の声明によると、前澤氏は「バスキアの傑作をブルックリンに里帰りさせられてうれしい」とコメントした。

その後は世界各地を巡回展示され、最終的には前澤氏が故郷の千葉県に建設中の美術館に収蔵される予定となっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
K・カーダシアン、代理出産で第3子次女が誕生
「蒼井そら結婚」が男性の夢をブチ壊し...、俳優チャップマン・トーがメディア報道に反論―台湾
キム・カーダシアン&カニエ・ウェスト夫妻に第3子誕生 代理母へ感謝の言葉も
『This Is Us』スターリング・K・ブラウン、ランドル&ベス夫婦の関係をもっと演じたい
追加撮影分の高額ギャラで批判受けたマーク・ウォルバーグ、弁護基金に寄付
  • このエントリーをはてなブックマークに追加