雄星ほっ “愛妻”炭谷 FA権行使せず西武残留へ 13日にも発表

雄星ほっ “愛妻”炭谷 FA権行使せず西武残留へ 13日にも発表

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

海外FA権を保有する西武の炭谷銀仁朗捕手(30)が残留することが12日、分かった。球団側にはFA権を行使しない意向を伝えており、13日にも発表される。

No image

菊池(左)と炭谷

今季は104試合に出場し、打率.251、5本塁打、30打点。13年以来4年ぶりCS出場の原動力になった。菊池の登板試合は全て先発マスクをかぶり、「銀さんに成長させてもらったおかげです」とエース左腕が口にするほど信頼は厚い。フロントも残留交渉で慰留に努めていた。

正捕手争いは岡田、森ら若手が台頭しているが、炭谷の経験値は貴重だ。FA権を行使すれば複数球団による争奪戦の可能性もあった。残留は来季10年ぶりの優勝を目指すチームに朗報となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・宇佐見が“名捕手の番号”継承へ...
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
巨人がFA野上獲得調査、先発強化へ11勝右腕白羽
中日・京田が新人王 浜口に大差!98年憲伸以来
桑原“第2の魔球”習得宣言 NPBアワーズで危機感「僕は球種少ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加