最新ランキングをチェックしよう
ビール税の歴史 常に「取る側の論理」に翻弄されてきた

ビール税の歴史 常に「取る側の論理」に翻弄されてきた

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/11/30

「取る側の論理」に翻弄され続けたビール税の歴史 来年度税制大綱に「ビール税」の改正が盛り込まれる。これは、現在ビール77円、発泡酒47円、第三のビール28円の税額を55円に統一しようというもの(いずれも350mlあたり)。ビールは値下げとなるが、庶民の味方である発泡酒や第三のビールは値上がりする計算となる。
 ビール税の歴史は、まさに「取る側の論理」に翻弄されてきた。酒税の歴史は14世紀後半の室町

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
このたった一つのルールで、日本企業のガバナンスは劇的に変わるだろう
前後両輪駆動自転車?それってすごいの?どんなもの?【e-Bikeのスマホ的楽しみ方】
AGC旭硝子、三次元曲面形状の車載ディスプレイ用カバーガラスを量産開始...世界初
静岡県、人口激減の静岡市の解体&併合を示唆...大戦争の予兆、地方分権に逆行
「アクセルブレーキ踏み間違え事故」に目から鱗の対策?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加