最新ランキングをチェックしよう
ビール税の歴史 常に「取る側の論理」に翻弄されてきた

ビール税の歴史 常に「取る側の論理」に翻弄されてきた

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/11/30

「取る側の論理」に翻弄され続けたビール税の歴史 来年度税制大綱に「ビール税」の改正が盛り込まれる。これは、現在ビール77円、発泡酒47円、第三のビール28円の税額を55円に統一しようというもの(いずれも350mlあたり)。ビールは値下げとなるが、庶民の味方である発泡酒や第三のビールは値上がりする計算となる。
 ビール税の歴史は、まさに「取る側の論理」に翻弄されてきた。酒税の歴史は14世紀後半の室町

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京オートサロン2017】謎のモデルT880、抜群のボディワークで軽トラをカッコよく:工藤貴宏
ヤマトHDに迫る「異常事態」 「取扱量が過去最高」でも喜べない
近づく「東芝解体」=相次ぐ事業売却
お値段「異常」の快進撃。ニトリが前人未踏の30年連続増益に王手
10年後に「消えている会社/生き残っている会社」 363社全実名
  • このエントリーをはてなブックマークに追加