最新ランキングをチェックしよう
ビール税の歴史 常に「取る側の論理」に翻弄されてきた

ビール税の歴史 常に「取る側の論理」に翻弄されてきた

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/11/30

「取る側の論理」に翻弄され続けたビール税の歴史 来年度税制大綱に「ビール税」の改正が盛り込まれる。これは、現在ビール77円、発泡酒47円、第三のビール28円の税額を55円に統一しようというもの(いずれも350mlあたり)。ビールは値下げとなるが、庶民の味方である発泡酒や第三のビールは値上がりする計算となる。
 ビール税の歴史は、まさに「取る側の論理」に翻弄されてきた。酒税の歴史は14世紀後半の室町

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
営業年数、店舗の広さ、立地、閉店しやすい飲食店の特徴
森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性...崩れる「国有地払い下げ」説
シャープ新社長・鴻海出身の載正呉氏が「最初にしたこと」
【東京モーターサイクルショー2017】プロトブースで注目を集めた250ccのコンセプトモデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加