【台風18号】九州が強風域に 接近前から大雨に警戒

【台風18号】九州が強風域に 接近前から大雨に警戒

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/09/16
No image

2017/09/16 16:34 ウェザーニュース

大型で非常に強い勢力の台風18号は、東シナ海をゆっくり北東に進んでいます。

今後は東寄りに進み、明日17日(日)午前中には九州に上陸の予想。この3連休は日本列島を縦断する恐れがあります。各地で暴風・大雨・高波・高潮等に警戒が必要です。

▼16日12時45分発表の情報(12時実況)
大きさ    大型
強さ     強い
方向・速さ  北東 ゆっくり
中心気圧   955hPa
最大風速   40m/s
最大瞬間風速 60m/s

3連休は日本列島を縦断

No image

台風接近前から強雨・大雨に警戒

宮崎県や高知県、紀伊半島の南部では海から発達した雨雲が流れ込み続けて台風が接近する前から大雨になる恐れがあります。

宮崎県では、1時間に70mm超えの激しい雨を観測し、降り始めからの雨量が350mmを超えているところがあります。河川の増水や低地の浸水、土砂災害には厳重に警戒して下さい。

◆現在の雨雲の様子

No image

最新のレーダー画像が表示されない場合は、オリジナルサイトからご確認ください。

明日17日は台風が接近、通過して更に雨量がかさむ恐れがあるので、大雨に厳重な警戒が必要です。局地的には1時間に100mmに達するような雨の恐れも。荒天の間は急ぎでない外出を極力控えてください。自治体からの避難情報にも要注意。避難する場合は明るいうちに複数人数で行動するようにしてください。

▽予想総雨量(多い所)

・九州太平洋側:400-500㎜ ※この後さらに

・四国太平洋側・紀伊半島南部・伊豆諸島南部:300-400㎜

・中国・九州:200-300㎜

・近畿、東海、関東南部: 100-200mm

広域で暴風や強風の恐れ

全国的に強風・暴風に警戒が必要です。特に強まるのは明日の九州で30-40m/s, 瞬間的に50-60m/sの可能性あり。その他、西日本で25-35m/s、瞬間的には40-50m/s、東-北日本でも15-25m/s、瞬間的には25-35m/sの暴風の恐れがあります。

▽暴風見解
・九州:17日いっぱい
・中四国:17日午後~深夜
・近畿・東海:17日夕方~深夜
・関東:17日夜~18日朝
・北陸沿岸:18日未明〜午前中
・東北日本海側:17日深夜~18日午前
・北海道:18日未明~19日朝

>>【マップで確認】72時間積算降水量 予想
(悪めの見解はこちら)

連休の交通に影響が出る恐れもあるため、随時最新情報をご確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“パコリーヌ”山尾志桜里議員がスマホ内のメール・画像を全削除? 側近が「不正アクセスされる可能性」危惧か
福島原発事故、原子炉に届いた冷却水は「ほぼゼロ」だったと判明
“性的興奮麻薬”製造の疑い、39歳男を再逮捕
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
震災復興イベントかたり カップ麺5万点超“詐取”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加