ドルトムント、DFBポカール1回戦で格下相手に4発快勝 香川は新体制初出場も不発

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/08/13

バルトラの先制弾に続き、エースのオーバメヤンがハットトリック

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは12日、DFBポカール1回戦でドイツ6部のFCリーラジンゲン=アーレンと対戦。エースFWピエール=エメリク・オーバメヤンがハットトリックを決めるなど4-0と圧勝した。ベンチスタートの香川は後半16分から途中出場したが、得点には絡めなかった。

前半12分、セットプレーからの二次攻撃でゴール前に残っていたスペイン代表DFマルク・バルトラが、DFニクラス・ベステの右クロスを押し込んでドルトムントが先制した。同40分にはオーバメヤンのヒールパスに抜け出したMFマクシミリアン・フィリップがGKに倒されてPKを獲得。これをオーバメヤンが決めてリードを2点に広げた。

後半開始早々はアーレンに攻め込まれたドルトムントだが、後半10分にはオーバメヤンがこの日2点目を決めて、再び流れを引き戻した。3-0で迎えた同16分には、ペーター・ボス監督がドイツ代表FWアンドレ・シュールレに代えて香川を投入。新体制で初出場となった香川は3トップの左に入った。

同35分にオーバメヤンがハットトリックを達成してダメ押し。その2分後には香川の落としからまたしてもオーバメヤンに決定機が訪れたが、このシュートはゴール上へ外れた。

試合は4-0で終了。バイエルン・ミュンヘンとのスーパーカップには敗れたドルトムントだったが、格下相手のカップ戦では確実に勝利。1週間後に迫ったブンデスリーガ開幕に向けて、幸先の良いスタートを切った。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサ行き希望のデンベレがまた「暴走」! 自宅から大量の荷物を...
ユーベがマテュイディ獲得! メディカルチェックを報告
【一覧】海外日本人プレーヤー40人「2017-18最新推定市場価格ランキング」
パウリーニョ獲得は個人的利益のため? バルサが会長への疑惑を否定
久米宏「五輪開催反対声明」に猛抗議した組織委を「バカ!」の激烈ケンカ応酬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加